シャスタ  ホースキャンプ

【シャスタ山】 Horse Camp (ホースキャンプ)へのハイキング 

どこか、ハイキングに行きたい!
それも、体を思いっきり使って、自然を満喫したハイキングがしたい
体を動かしている方が体の調子がよくなり、バランスもよくなるって思う。
ホースキャンプは、シャスタのポピュラーなハイキングコースです。

(Horse Campへの行き方)
シャスタcityから、lakeストリートを通り、Everett Memorial Highwayをドライブし、バニーフラット(Bunny Flat)へ向かう。
トレールヘッド(出発地点)は、バニーフラット Horse camp 080310-1 Horse camp 080310-3
片道1.7マイル(2.7km)のハイキングコースは、標高差もあるので、休み休み給水を定期的に取りながら、自分のペースで登る事。ゆっくり1日かけてもしくは半日かけて行く所。


M探検隊とバニーフラットを12時に出発。
キャビンには、1時間15分に到着!
フル装備の登山客、キャンパーで賑わっていた
Horse camp 080310-4 Horse camp 080310-5
すぐ隣に、湧き水が!!

この小屋の中でランチにした。
その後、食べて元気が出たのでさらに行ける所まで登ってみることに。
Horse camp 080310-6
石段のトレイルになっているが、ところどころ雪のぱっちがある!
あの先まで、行けば何かあるかも!
もうちょっと、もうちょっとと・・・・あの雪のカーブまでいけるかしら・・・行けたらいいけど
Horse camp 080310-9

M子ちゃんと私は、はぁはぁ息を切らしながら、一歩一歩雪の上を滑らないように、登っていった

続きを読む

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ライター、聖地リトリート・コーディネーター&ガイド
(シャスタ・ハワイ・カウアイ島・ルルド・アッシジ・スペイン巡礼、熊野)

【about me】
福岡県生まれ。大阪教育大学卒。東京でのサラリーマン生活を経て2008年8月アメリカ移住。2008年から始まった私のシャスタ滞在は現在600日を越え、現在はシャスタと日本、世界の聖地巡礼を続けています。

続き⇒プロフィール詳細


【Retreat】
リトリートのご依頼、プライベートガイドを承ります。みなさまの魂の旅をサポートします。

♡2017年聖地リトリートのスケジュール⇒リトリート2017

☆シャスタ
☆ハワイカウアイ島
☆熊野
☆ルルド
☆アッシジ

♡お問い合わせ
こちら




シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら


web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」シャスタのページ、2013年から寄稿。
詳細は⇒写真をクリック
価格1,836円(税込)


リトリート参加者募集

【シャスタリトリート】
7月15日〜21日
満員御礼
ありがとうございます

詳細⇒シャスタリトリート
サンフランシスコ空港集合
レディング空港解散




【カウアイ島リトリート】
8月1日〜8月8日

※詳細はお問い合わせください




【イタリア🇮🇹アッシジ】
9月、または10月予定

※詳細はお問い合わせください



♡ただいま参加募集 ⇒聖地リトリート2017 スケジュール

♡リトリート⇒お問い合わせ


カウアイ島、シャスタ、ルルド、アッシジについては2名以上からプライベイトリトリート(5泊6日~)の開催が可能です。

熊野リトリートについては2泊3日、3泊4日、5泊6日承ります。

ご希望の日程、人数を明記されお問い合わせフォームよりご連絡ください。

行き先、日数、人数により料金が異なります。

詳細はお問い合わせください

リトリート希望のお問い合わせ後、3日たっても返事がない場合はメールが届いてない可能性もあります。その場合は、こちらのメールフォームから再度お問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事&関連記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリー
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです