シャスタと世界のパワースポットを旅して 聖地巡礼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミッシェルもサンティアゴコンポステーラの巡礼路の一部!

こんにちは♪
「お元気ですか?」「調子はいいですか?」

聞かれると「はい元気です。調子?・・・(^-^)、いいです♪」と答えますよね?!
そう言うと自ずと元気が出てきて調子が良くなっていくと聞いていたけど、実際そういうことがあるな~と思ったのでやってみようと思っていますo(^▽^)o

ところで、昨日のフランス・ルルドから今度はモンサンミッシェルへ

web モンサンミッシェル 2016-10-01 (10)

人生初パリモンサンミッシェルを訪れました。

私の旅は行きたい♡って思いつきで始まる旅がほとんど。
世界遺産だからとかパワースポッ巡りをしているつもりはなく、なんだかピンときて、心に響いて「行きたい!」となったら行ってしまうのです。

その場でその時に学ぶことも多く、感じる旅です。
帰ってきてから、どんな場所でどんな歴史があってなどなど調べ始めることが実は多かったりします。そして、後からそういう意味だったんだ~と腑に落ちることもしばしば。行ってみてすごく衝撃を受けた所へは再び訪れる・・・そんな旅を続けています。旅はご縁があるところへ導かれているのでょうね。

実は、行ってわかったのは、ルルドもモンサンミッシェルも、サンティアゴコンポステーラの巡礼路の一部だったのです

まず入り口を入るとホタテ貝を見つけました

web IMG_2883

私の旅は、、、、巡礼、祈りの地へ導かれることが多いのです。
自分が意識するよりももっともっと奥深い所に何かあるんだろうな~と思ってしまいます。
祈りの場所、巡礼路がよっぽど好きなんでしょうね~。行くとやっぱり心が和むし、とても落ち着きます(*^_^*) 居心地がいいのです。

web モンサンミッシェル 20162016-10-01 (13)

web モンサンミッシェル 2016IMG_2905

ご存知のように、モンサンミッシェルは大天使ミカエルが司教に「この岩山に聖堂を建てよ」というお告げでできました。もともと、この場所はケルト人の信仰の聖地であったとか。

日本の熊野や世界各地の聖地を旅して思うのは、このよな岩山や磐座、大きな山の上などに聖なる場所があったり、聖堂や教会、日本だと神社があるのが非常に多いという事です。
見上げながら、、、日本と同じだな~、似ているな~と思ってしまいます。

自然の中の磐座。例えばイタリアのアッシジもですが、ルルドのお水が湧いてきたのも洞窟ような岩山といえばそのような感じの場所。日本の修験者が修行をした場所も過酷な山の頂上や岩の上、、、通じるものがあるな~と常々思います。

web IMG_2891

web IMG_2888

web IMG_2914

web モンサンミッシェル 2016IMG_2900

web モンサンミッシェル 2016IMG_2896

モンサンミッシェルに行ったら絶対食べて!と友人の勧めもあってふわふわオムレツを頂きました!

さすがに世界の観光名所のひとつ!
フランスのパリが世界一の観光客が来ているんです。
レストランのメニューはフランス語、英語、日本語!
それだけたくさんの日本人観光客が訪れるんですね、びっくりしました~

web モンサンミッシェル 2016IMG_2918 web モンサンミッシェル 2016IMG_2921


今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます

愛と平和の祈りをこめて

LOVE

**********************************

シャスタリトリート7月 参加募集!

☆3月の春分の日 3月のカウアイ島リトリート募集中!

☆シャスタのガイドブックのお申し込みはこちら♪シャスハンドブック

4/28-5/2 熊野リトリート参加募集!

☆熊野の神域を歩く4/30 神秘ウォーク参加募集中!


スポンサーサイト

熊野で茶摘み

初めて熊野を訪れた時、熊野古道を歩いていた時に、道のわきでゴザの上に摘んだお茶の葉をもんでいたおばあちゃんの様子を見て、、、「何をしてるんですか?」って聞いた私が、、、

それから数年経ったら、今度は自分も摘んでいる!人生って面白いですね!

もともと田舎暮らしへの憧れや、野菜つくりに興味がある方でなかった私。熊野に出会ってから、いろんな体験をさせて頂いています!これも熊野の方々のおかげです ありがとうございます。

web 2015-05-14 011

今回、十津川村と熊野市赤倉の二か所で体験してきました!

web 2015-04-28 (33)

経験してみないと実際は何にもわからない。
体験することが何より大切ですね

熊野では、自分の家のお茶は自分でつくるんです。山の方だけですけどね

茶摘みは、、、
とってもとっても楽しいのでーす

五感を全て使う!
全ての感性の扉が開くって感じでしょうか。。。

緑の新芽だけを摘んいきます。

web 2015-04-28 (12)

古い葉っぱと間違えることないの~って思うかもしれませんが、そんなことありません!

全く感触が違うんです。
触ればわかる。新芽は生き生きしてるんですよ~

柔らかくて、触っているだけで気持ちいいんです。

そして、摘んでいくとふわ~とお茶の香りがして。それが何とも「新芽」「お茶~」、季節を感じる瞬間です

新芽は元気で、すくすく伸びてきた!って感じ。確かに一日で急激に大きくなっていくんです。面白い、生命の神秘です。

このお茶摘みの単純作業、、、だんだん黙々と、静かになっていく。。。茶摘みしながら思ったことは、「これって瞑想に似てる?!」ってことでした。

初めての体験で、いろいろ質問しながら、また私の感じたままをお話ししながら茶摘みをさせて頂きました。
十津川村のIさんは茶摘みは当たり前のことなので、私の感想が逆にとっても新鮮だったそうです。

田植えもだけど、茶摘みもみんなで一緒にやることが楽しいです!
炎天下の中だったので、夢中になりすぎてしまいそうになると、、、「無理するなよ~」「休めよ~」とグッドタイミングで声をかけて頂き、とっても嬉しかったです

どうしても、たくさん摘もう、もっともっと・・・となってしまうんです。欲がでてくる

それをこつこつとたんたんと休み休みやるってことを学びました。やりすぎてしまうと後から予想以上に疲れてしまいます。そうなると続けられないんですよね。

やっぱり「NOW」
今この瞬間をどう生きるか!楽しく生きるってことだな~と思います。

シャスタで眩しい太陽の中、ハイキングしたり、熊野でも古道を歩いたり、やってる私ですが、農作物を作るってことは初めて。また違う感覚、身体も心も気も使ってる~と思いました

お茶の作り方ですが、
摘んだ葉っぱを鍋で炒る。
時間は熟練の勘だけ。。。葉っぱの様子を見てOKが出ました。

混ぜる棒も手作りで、鳥の足みたいでしょ!
何の木か忘れましたが、丈夫な木を選んでます。先人の知恵ですね♪

やらせて頂くと、要領を得ず、はじめは鍋からせっかく摘んだお茶っぱがあふれそうになる。じっくりじっくり、自分の気をしっかり落ち着けて、根を下ろして、再度チャレンジ!今度はうまくいきました!

古くから伝わっている作業は、瞑想、座禅に繋がると思います。「気」の大切を感じました。

web 2015-04-28 (34)

その後、綿の袋に入れて、まるで陶芸の土をこねるように袋をぎゅうぎゅうと洗濯板のようなでこぼこの板の上に押し付けていく。写真を撮るのを忘れっちゃったのですが、あぐらをかいてお茶をもんでいくと、、、私は座禅を連想してました。

web 2015-04-28 (3)

最後は鉄なべで炒る。
これもどのくらいという時間はだいたいで、、熟練のなせる業でした。もちろん私はわからないけど。。。

できあがったお茶を飲んでみて!
自分で摘んだからか、、、熊野の味!

山の風、音を思い出すような薫り高い熊野の番茶でした!

来年の5月、お茶摘みを体験してみたい!って方がいらしたら、是非一緒に体験しませんか~

熊野古道を歩きました 「伊勢路 松本峠」

久々の熊野古道歩き!
やっと実現しました。今度こそ、今度こそって思っていたら、あっという間に桜の時期から時が経ち、、、季節は晩秋

web 松本峠 2014-11-22 008

今回は熊野古道の伊勢路(いせじ)
熊野本宮大社から伊勢神宮まで続く道
そのほんの一部「松本峠」です。
熊野市から伊勢方面へ向かって、2時間コースです。

伊勢路のリンク
*熊野古道センター 伊勢路 
*熊野古道伊勢路~幸結びの路~

web 松本峠 2014-11-22 017

とっても趣ある石畳が残っていて、自然を満喫できました。

web 松本峠 2014-11-22 019

途中、誰もいない石畳で座り込んで、じっとと木々を眺めたり、どこからともなく聞こえてくる鳥のさえずりを聞き、来てよかったなぁ~ 、とても嬉しく、楽しい気持ちになりました。歩くっていい!

web 松本峠 2014-11-22 023

あっという間に頂上に到着。
そこから鬼が城の城跡方面に少し行くと東屋がある。眺めは最高
七里美浜が一望できます!

web 松本峠 2014-11-22 029

web 松本峠 2014-11-22 026

今回は足慣らしって思っていたので、ちょっと歩き♪と思っていたけど、歩くと逆に元気が出てきて
城跡まで歩くことにした

web 松本峠 2014-11-22 043

熊野灘に浮かぶマブリカ!
山と海の両方堪能!

web 松本峠 2014-11-22 044

web 松本峠 2014-11-22 046

海もきれい!
山も素晴らしい!

ほんと、熊野って深い!

web 松本峠 2014-11-22 048

私のライフワークに「歩く」というのが始まったのは、2011年秋にスペイン巡礼をしてからです。

今回思うのは、やはり歩くって気持ちがいい!
歩いて行くうちに雑念が落ちていく!

スペイン巡礼中、道行く歩く仲間たち、まずお互いに聞くのが「なんでスペイン巡礼に歩きにきたのか?」ってこと。
ここは祈りの道で・・・って始まるんだけど。「クリアーマインド」の答えが一番多かったかな。

みんな何かを求め、今の日常とは異空間に身を置くことで、自分を振り返ったり、自分をさらに見つめ直したりしていたよう。

熊野古道とスペイン巡礼路は、世界遺産。
道が世界遺産に登録されているのは世界でこの2つだけ!

だから、スペインを歩いていると、日本の巡礼路のこともよく聞かれました。巡礼宿のオーナーがとても熊野に興味があり、姉妹道ってこともあるけど、熊野の写真が飾られていたり、、、

その当時の私は、全く「熊野」のことを知らず。
あ~こんなことではいけないな。日本人なのに自分の国の事を何も知らない。。。いつか歩こう!いつか行ってみよう!

そう思って、熊野への気持ちが始まりました。

熊野の初歩きの機会は、突然2013年春4月末にやってきた!

熊野古道「小辺路(こへち)」。高野山からの道です。
「こへち」を歩いたと言ったら、たいていの熊野の人は「え!」と驚きます。それもそのはず、毎日1000m級の山越えの道なんです。熊野古道の中でも険しくアドバンスクラス。

今思えば、何も知らないからこそ、歩けたのかも知れません。
スペインを歩いて自信もあったし、日本国内、日本語が通じる場所ならなんにも心配ないって思い込んでいて臨んだんだけど。。。知ってビックリ。終わってビックリでした。

幸いにも、高野山の宿坊でスペイン人カップルに出会ったので一緒に歩いたので、彼らの入念な下調べがあったからこそ、彼らに宿を聞き、同じ宿を予約して歩き続けました。カミーノを歩いた仲間、すぐに意気投合して、、、険しい道でしたが、とっても楽しい古道歩きになりました。ご縁ですよね。

思った時。感じた時。
ふとした瞬間の自分を大切にしていきたいと思います

熊野 ~自然からのギフト~

自分のハートからの思いで過ごししていると、とっておきの瞬間に出逢える時がある 神様からのギフト

空には龍神様!

web 龍神様 2013-12-01 116

雲はその時々の心の状態を表すって聞いたことがある。

人それぞれ、何を感じるのも自由!
正しいとか間違いとか決める必要もない、そんなことは実際どちらでもいいことだったりする。

自分がどう感じるか?
気持ちいい! きれい! すごい
それだけでも、自分の魂、、、自分の内側の部分が反応している
目に見えないけど、何か起きているのではないでしょうか


web 2013-11-27 045

11月下旬の朝、向った滝では・・・雨上がりで川の水が増水していた。滝に近づくためには、川を渡っていくのだけど、この日はいつもより水が多く、どう見たって、石をぴょんぴょんと渡っていけない・・・どうしようかなぁ~とためらう、
web 雨滝 2013-11-27 111

その瞬間、頭で考えるよりも何よりも、さっと靴を脱ぎ、靴下を脱ぎ、水に入ってわたっていく私がいた

シャスタにいる時と同じ!

本能のおもむくままに・・・

頭より、心や体は正直で、知っているんですね

web 雨滝 2013-11-27 109

思ったより冷たくない!優しいお水!
そして、滝壺へ向かうと・・・!!!
なんと、虹!それもダブルレインボー♪

web ダブルレインボー 2013-11-27 049

web ダブルレインボー 2013-11-27 048

自然が教えてくれる
自分の信じる道が自分の道!
ハートを開いて!信じる!神様を、、、それって自分自身だったりする、、、

大丈夫

すべての神様はいつも私たちのそばにいる

web 雨滝 2013-12-15 057

私は自然の中にいると、さらに自然体になっていく(もともと、自然体ですけど

自分の中は空っぽに。
いい表現をすると、「クリア」になっていくってこと

いらないもの、考えすぎていること、、、それって本当に必要?!

もうずっと握ってなくて、そろそろ手放してもいいのかも?!

それは簡単なようで意外と難しいことはわかってる。

私もそうだった。
執着はなに?って聞かれ・・・答えられなかった。でも、スペイン巡礼を歩き体が極限まで追い込まれ、「無」になった時、すっと落ちていった経験がある。

自然にとけて、静かに静かになって、自然と調和すると心も体も柔らかくなり、ふっと気付くのかもしれない。


2013年は何か違う!

web 2013-09-17 130

シャスタでもダブルレインボーを見せてもらい、

web 2013-09-17 145

何度、虹を見せてもらったのだろう?

こんなこと、今までなかった

ここ奥熊野でもたくさんのギフトを頂いてます。

web 雨滝 2013-12-15 055

まさに今、祝福の時
ハートを開いて!信じる!

web雨滝2013-12-15 046

シャスタでも、熊野でも、世界中どこにいても五次元の愛を感じて生きていきたい!



シャスタから繋がっていった日本横断の旅 1か月、、、まさに魂の旅。巡礼!

4月11日に出発し、、、今回は東京と仙台、大阪でシャスタルアウを開催し、4/19からは私自身のリトリート、行きたかった観音様のお寺を巡り、ゆの里温泉に行き、そのあと、熊野古道を歩き、GWに帰る予定のはずが、、、、

流れに任せ、宇宙にお任せ!なんて両手を広げいたならば、なんとなんとまあー、シャスタのご縁が繋がり、あれよあれよと旅がどんどん続いていき、熊野三山参拝はもちろん、富士山まで行くことになるなんて、、、不思議。ミラクルな旅になりました。

web fuji 2013-05-07 005
(富士山)

やはり魂の旅
熊野は蘇りの地だからそれはそうなのですけどね、、、人それぞれの感じ方、出会いで、その人に必要なことが起きているってことでしょう

まだまだ魂の旅の消化中、、、きっとマウントシャスタに行ったら、あ~そうか~と腑に落ちていき、気付きや学びになっていき、心の栄養になっていくことでしょう。

だからこそ、やっぱりシャスタは魂の故郷なんです!

web shasta 2013-03-08 McCloud 006
(シャスタ山)

こんな旅ができるのもシャスタに出会ったおかげ。
シャスタで自分を取り戻し、お任せ!って、自分の直感を信じて進めるようになったから。
感じ方、物の見方が変わったのです。
本当に自分の声を聞けるようになったから、今がある。そんなふうに思ってます。

シャスタがなかったら同じ旅はなかった。

kohechi-4 2013-04-27 005

web nachi 2013-04-29 126

シャスタに感謝。
シャスタLOVEは永遠です

お任せの旅、誰でもできること。
でも、私もシャスタに出会うまではできなかった。
いつも頭で考え、頭を使って行動してました。
ハートから出る自分の想いを一番優先できてなかった。それは自分で自分自身を信じきれていなかったってこと。
今はそう思えます。

今更ながら、シャスタとのご縁は深く
シャスタのご縁で繋がった方々シャスタファミリーはソウルファミリー

全国各地、世界中に同志、仲間、ファミリーがいます。
ワンネスだからあたりまえですね

kouyasan 2013-04-22 001 web 2013-04-20 074

kohechi-1 2013-04-24 010 kohechi1 2013-04-24 011


今回の魂の旅、聖地巡礼…何から書き始めたらいいのだろう?!
それほど、たくさんの出会い、シンクロあり、毎日が濃いくて充実した日々でした。

kohechi-4 2013-04-27 052

熊野の山々は本当に深い
神々しい
空気が違う

「天空の里」ってパンフレットに書いてあるけど、まさにそう、澄み切った空気がありました。

web daimonzaka2013-04-29 211

その神々しい山の中を歩くことは、私にとっては魂の学び。
自然を全身全霊で感じ、歩くこと=瞑想 だから、緑の葉っぱ一枚に、雲に、風に、太陽に、光、水、花、小さな生命、鳥のさえずり、本当に急いで歩いていたら見過ごしてしまいそうな何かを感じることができるから歩くのが好きなのです。

この清らかなサンクチュアリの空気の中に身を置き、歩くことが好きなのです。
私の心も体も魂も喜んでいる

自然と自分との対話は、本当に奥深くにある自分に気づかせてくれたり、自分の五感すべてで感じられる。

神仏習合、蘇りの地「熊野」
すべてを受け入れ五次元の愛が流れる聖山「シャスタ山」
神の山・霊峰「富士山」

パワースポット・シャスタ、世界の第7聖山のひとつの「シャスタ山」を知り、世界のそして日本の聖地を訪れることができ、本当に幸せです。ありがとう





またまた6月からシャスタに行ってきます。

6月18日出発のシャスタリトリート、若干名の追加募集です。

秘境「シャスタ」、いつか行きたい、いつか、、、今、動く人が早く変われる人だと思います。
その一歩、踏み出してみませんか?
一緒に行けば大丈夫!

神々しい中に身を置けば置くほど、そこの空気に波動の中にいるだけで、癒され元気になります。
離れられなくなるくらい、心地よく、魂が喜んでいるのを実感してもらえると思っています

シャスタのラベンダー・6/21夏至のヒーリングナイトもあります!

シャスタのご縁が深いこの私「みほ」と一緒にシャスタを感じる旅、魂の故郷へ一緒に帰還しましょう。参加者を募集しています。締切間近!

「シャスタ」でピンと来た方はすぐにメールしてください!
shastamiho@hotmail.com
今がチャンス!

みほと行く「シャスタリトリート2013」
http://medicinelake.blog76.fc2.com/blog-date-20130301.html

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。