シャスタ 2010年10月

シャスタのあさひ

日本からやっとシャスタに戻りました!!

mt. shasta morning 102510-1

実は、東京滞在中にシャスタに帰りたくて帰りたくて、指折り数えて シャスタ滞在が長くなってくると、大都会にいるだけで息が苦しくて、頭の中までなんだかもややぁ~という感じ、心、頭、体がバラバラになったような感じだった。正直言って、ここまでなるとは思ってもみなかった。あらためて、シャスタってすごいところなんだなぁ~、シャスタに住めるなんて、本当にありがたいことだと思いました。

東京に住んでいる人、都会に住んでいる人、ほんとにすごい!!あんなにたくさんの人がいて、地下鉄に何度も乗り換え、タッタッタッターと足早に人が行きかって。。。3年前までやっていたけど、今はもうできなくなっていた

シャスタ到着の日は雨
マクラウドに入ると、即座に車の窓を開けた。早くシャスタを肌で感じたかった。空気を吸い込むとすぅーっと鼻を通っていく、気持ちいい。おいしい鼻がむずむずすることがなくなった。
しっとり気味のシャスタも実にいいもんで、SBIでは顔なじみのシャスタファミリーMちゃん&M子と再会を喜び合った

そして、雨の翌日、すばらしい朝日が私を迎えてくれた(勝手にそう思ってます)
朝の澄みきった空気は本当にとっておき!!絶対、早起きして感じたい!朝日を浴びると、その日の一日の活力をもらったみたい。この朝の瞬間を感じるだけで、しあわせって思う
sun rise 102510-1  sun rise 102510-2

sun rise 102510-3 Mt.Shasta 102510-web2
シャスタ山に太陽が反射する
真っ白だったシャスタ山が頂上からピンクに、そしてだんだん燃えるように橙色に染まっていく
Mt,Shasta 102510-web3

mt.shasta morning 102510-80001

こんなすごいシャスタの朝日を見たのは初めて!シャスタ山は私を歓迎してくれてるんだろうなぁ(いつも、ポジティブシンキングなので、そう思っておきます

関連記事

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

シャスタのシンクロ 

シャスタでは、様々な出会いがある。
「はじめまして」って一度会って、それきりってことじゃなかった

Bunny Flat Nov-1 

私の初シャスタ(2008年11月末の感謝祭)での出会いは今もつながっている。この時は、東京から、ロス、サンフランシスコ、シリコンバリ―、ドイツから・・・と様々な方面から人が結集していた。同じ時期にシャスタに呼ばれたからか、初めての出会いからすぐにうちとけ、今も深く繋がってるって感じがする。

実際、そうだった。

初シャスタ依頼の親友、SF在住Mさんとは、シャスタに行く約束をしていなくても、シャスタで偶然に出会う。現地で「あれ! 来てたの!」ってことがよくあった。それも、いつもは全然行かないシャスタシティのメインストリートの洋服屋さんでばったり会ったり、シャスタシティパークで会ったり。何度もあるから、何かとっても縁を感じる。
Headwater 092910-1 Headwater 092910-2

東京在住のダンサーMちゃんとは、2009年3月にシャスタで再会することになっていた。どうせ宿はストーニーブルックインだから、特に待ち合わせを決めていませんでした。
私は、シャスタ合流の日、モスブレーフォールズに行きたくて、「ひとり滝ヒーリング」をしていたんです。たくさんのミストを浴びながら、大きな石に座って瞑想。
帰ろうか、もう帰ろうかと思うけど、動けなくて、何時間もしていたら、、、偶然にMちゃんが滝の前に現れたんです 「えーなんでー、約束してないのにー!!」 偶然の出会いって、嬉しさ倍増になりませんかぁ

Mossbrae falls 032009-1 mossbrae falls 040609-1

シャスタでの出会いって、その人それぞれが、本来の自分を取り戻して、素の自分で自然体になってるから、結び付きも強くなるし、その時の同じ波長の人が集まってきてるって思う。

何かあるって期待しすぎると、そして、答えを求めて、「おーい、教えてよー!シャスタ山」なんてやった時は、なんにもわからなかった。なーんも考えず、ただ自分のために、癒しを求めてシャスタに来て、自分らしく過ごしていると、え!というようなことが起こったり。シャスタから家に戻ると何か進んでいたり。
Sacrament river 1128108-1

本来の自分、本当の自分が何がしたかったか、何が自分が喜ぶか、無邪気で子供の頃の自分に戻ってしまう、シャスタの透明な気は自分の気持ちをそのまま映し出す

シャスタの空気、シャスタの水…ほんと、ピュアーなんです心も身体も綺麗になる
あ~シャスタのおいしい水、飲みたくなったよぉ~~
関連記事

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

シャスタおすすめ、場所の一覧表

マウントシャスタを訪れるなら、ゆっくり、のんびりスケジュールで!
できるだけ長い滞在がおすすめ!
Mt.Shasta Nov3 2009

なぜかって、ここシャスタに来たら、帰る頃には、「帰りたくなぁ~い。もっとシャスタにいたいよ~!」ってなる。リピータの人は次シャスタに来る時は、なるだけシャスタ滞在を長くしてる。それがシャスタ

山に、滝に、川に、湖に、森に、湿原に、洞窟に、温泉行って、ハイキングして、瞑想して、ヨガして、おいしい水を飲んで、夕暮れ見て、流れ星見て、シャスタ地ビールも飲んで♪ 

っていろいろ計画したいかもしれないけど、究極のリトリートは、シャスタの気の中で、じーーーとすることだったりして

滞在中に一日くらいゆっくりの日を作ってみてください
これってシャスタリピーターの過ごし方だったりする

Middle Falls Nov-1

シャスタの見所を検索しやすいように、まとめてみました。
クリックすると行き方のページへ!!写真もお楽しみに♪
 
私自身もまだまだ全部は制覇してはないです。「今度行こう」「来年でいいかっ」って思っちゃうんだよねー
少しずつ更新していきますので


MIHOのシャスタおすすめスポット


(1)山
①シャスタ山 (Mt. Shasta) 
パンサーメドウス (Panther Meadows)
ホースキャンプ (Horse Camp Hiking)
④キャッスルクラッグス (Castle Crags)

(2)滝
マクラウドの滝(McCloud Falls)
⑥バーニーフォールズ (Burney Falls)
⑦モスブレーの滝 (Mossbrae Falls)・・・現在CLOSE、行けなくなりました
⑧ヘッジクリークの滝 (Hedge Creek Falls)
⑨フェアリーフォールズ (Fairly Falls)

(3)湖
キャッスルレイク (Castle Lake)
ハートレイク (Heart Lake)
⑫レイクシスキュー (Lake Siskiyou)
⑬ガンブートレイク (Gumboot Lake)
メディスンレイク (Medicine Lake)
⑮レイクマクラウド (Lake McCloud)

(4)川 
⑯マクラウドリバー (McCloud River Loop)
ルートクリーク (Root Creek)

(5)渓谷
スクアーバリー (Squaw Valley)

(6)洞窟
プルートケイブ (Pluto Cave)
Jot Dean Ice Cave

(7)シャスタ温泉
スチュアートミネラルスプリングス(Stewart Mineral Springs)

(8)水
サクラメントリバーの源泉水・シャスタシティパーク
(Headwaters Shasta city park)

(9)宿情報
ストーニーブルックイン (Stoney Brook Inn)

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

ひとりシャスタ リトリートのすすめ 1

秋もだんだんと深まってくるこの10月から冬に向けての時期
Mt.Shasta Nov2009

「ひとりシャスタ
  「シャスタでリトリートが一番
いつもより、ゆっくりと、じっくりシャスタの中に腰を据えて、自分と向き合う時間を持ってみる。

シャスタ山を訪れるなら、夏だ!と思っている方が多いと思います。
確かに、夏は様々なスポットにアクセスできます。その分、アメリカだけでなく世界各地からの観光客で活気があるのは事実です。

夏の賑わいが落ち着き、シャスタ本来の静けさが戻る時、
シャスタ山は雪で白く覆われ一段と存在感を増す
空気はさらに澄んで、吸い込むだけでひんやりその新鮮さを感じる。
滝や川や湖では、人が減り自然が自然のまま、ありのままある。人の気がなくなる。

Castle Lake Oct 2009-1

そんな本来の、ありのままのシャスタの自然に溶けて、シャスタに身を置くことは、至福の時間

もちろん、「ふたりシャスタ」も楽しいけれど、「ひとりシャスタ」は格別
誰にも気兼ねすることなく、シャスタの自然にどっぷり思う存分溶け込んでいく。

私は何度となく、駆け込み寺のように、シャスタに通い詰めていた。
夏は、やはりあっちこっち行っていろいろ名所と言われる所に行って、キャンプにハイキングに滝ツアーにバラエティに富んだ大自然を堪能し、もちろん最高に楽しい 森ん中でぼぉーとしたり、滝でずーっと座り込んだりして、静かな時間を過ごしていた時もあったっけ

でも、秋冬の時期は特別な時。しーーーーーーーーんとしてて、空気が違う。
また、別のことを感じ取れるように思う。
今まで気付かなかった何か。

自分トリップ、内へのトリップは、正直ほんとはしんどいです。というのは、そのままの自分の見たくない部分も見えてしまうから
シャスタは、それが見えやすい場所だと思う。
このシャスタの透明の気は、人の迷いや悩みをそのまま映し出す。そう、自分が無になれると、答えが出てくると思う。自分が静かになれたらだけど。。。自分が何を欲していて、どうありたいか、どうしたいか。
自分の次へのステップになるのかなぁ

私は、シャスタに来ては元気になって、また都会に戻って、都会の雑踏に押し潰され、へとへとになって、またシャスタを訪れる。その繰り返しをしてました
今は、ふぅーっと呼吸を感じてゆっくり深呼吸すると、ざわついていた気持ちが静かになる。目を閉じてシャスタを感じて。。。

Mt.Shasta Nov2 2009


シャスタリトリート2につづく
関連記事

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

【シャスタお勧めスポット メディスンレイク】 朝もや

この夏に、どうしても見逃したくない事のひとつ
メディスンレイクの朝もや

寝静まった闇夜から、夜が明けて、風で流れる朝靄。白と黒の世界…そして、もやが流れ、突然にぱぁーっと広がる蒼い湖。その瞬間に立ち会いたい

そして、ついに決行!
マクラウドのストーニブッルクインを朝5時に出発。

メディスンレイクまであと3マイルのところまで来ると、ガスっていて真っ白で前が全然見えなくなってしまった。超スローで行くしかない。霧が車を通り抜けていく。すると、また次の霧がやってくるといった感じ。慎重に慎重に

6時20分頃、なんとか無事に、メディスンレイクに到着
真っ白

Medicine lake morning  092110-0

8時過ぎ
Medicine lake morning  092110-1

8時20分
Medicine lake morning fog 092110-2

Medicine lake morning  092110-2

Medicine lake morning  092110-7

寝静まっていた生命に太陽の光とエネルギーが注ぎ込まれ、一気に目を覚まし躍動しはじめる。エネルギッシュな光景に私まで元気をもらう


関連記事

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: