シャスタ  2012年11月

シャスタの光

シャスタルアウの写真、どれにしようかなー…たくさんあるから何からご紹介する?!これまた贅沢な悩みあはは

今回のテーマは2012年秋と冬のシャスタ!

やっぱり光と水、これだ~!

思い起こせば、私が「シャスタ」を知ったのは他でもないシャスタの光。山じゃなかったんです。シャスタがシャスタ山だと知ったのはずいぶん後でした

この光を見て、「絶対!行く!」って衝撃が走ったんだもんね~
これを伝えなくして、どーする?だよね~

web shastalight 20121105 225

11月初めに全館貸し切りのお客様が大阪からいらして、その時にストーニーブルックインの裏庭でスエットロッジがあったんです。もちろん、何ヶ月前からの予約です。
それが終わった翌々日に撮りました。(スエットロッジ中は写真撮っちゃだめですから、神聖な儀式ですからね)

web light 20121105 044

この光。
まさに、スエットロッジにきてる~


web shastalight 20121105 042

ストーニーブルックインの表玄関に廻ってみたら、光が付いてきてる!!!

web shastalight 20121105 030

web shastalight 20121105 050

シャスタの光!
やっぱ、いいっす~~

たくさん感じて頂ければ嬉しいです

web shastalight 20121105 055


では、明日から東京です。

再会、新しい出会いを楽しみにしています




関連記事

シャスタのハートレイクのその上は、

9月~11月の滞在中、ハートレイクに何度か行く機会が有りました! まー、なんて贅沢なんでしょう

だいたい午前中、お昼くらいに行くことが多いんだけど、この日は、ちょっと遅かった… 午後3時にキャッスルレイク出発! でも、ばっちりハートレイクには行けました。

3人で行ったんだけど、途中からそれぞれ違う道を歩き出し、誰が一番に着くかしら!?それぐらい、道が有りそうでなさそうで、全部道に見えてしまうところ

はぁはぁと言いながら到着!

web heartlake 20121106 145

web heartlake 20121106 125

幻想的

web heartlake 20121107 123

静まった湖面は鏡

web heartlake 20121106 136

幻想的な空気に包まれた

web heartlake 20121106 135


二人はハートレイクからさらに上へ上と登っていく!

web heartlake 20121106 226

そこは意外と崖っぷち!!!

web heartlake 20121106 243

下を覗き込めばそこは崖!

すごい絶景!

もうひとつのハートレイク

web heartlake 20121106 252

夕暮れが近くなってきた
この一瞬、一瞬、刻々と変化していく。

web heartlake 20121106 263

これもまた自然

毎回毎回、違う景色。
ありがとう!!
関連記事

秋のシャスタ ~マクラウドの滝では…その2~

サンクスギビング(Thanksgiving Day)の翌日、シャスタでは素敵な朝日が見られたとのことです。その写真はこちらです!→シャスタ便りSTONEYBROOKINN 是非、ご覧ください!! 祝福の空です。今、まさにアセンション本番中の本番。だから、空がすごい!と

**************************

ではでは、秋のマクラウドでは・・・その2

web middle 20121020 046

気持ちいい~♪

web McCloud falls PA206668

うーん?っと振り返ってみると・・・あらら~ どっかで見た顔ぶれ
そうなんです。泊っているSTONEY BROOK INNで一緒のメンバー、、北海道のYasuoちゃんグループとロスのJさん達!

なんで~?!今日はみんなマクラウドの滝なの?はははは
合うね~

midlle falls 2012 1020 web112

なんの約束もしてきてないのに、ばっちり同じタイミング!シャスタっておもしろくて、行き先時間合わせてないはずなのに、会う人には何度も会ったりする波長同通!

web middle falls 20121020 079

web middle falls 20121020 106

それぞれがそれぞれの思いで…
好きなように、感じるままに自然にとけていく

web middle falls 20121020 085

ダイナミックな滝。
きらきら太陽の光、
そして、私たちはだんだん野生に戻っていく?!あるがままに

web middle falls 20121020 -090

web y mccloud 201210120 114

楽しい~♪ 感動の共有
光が差し込んでいた!

シャスタで出会うってやはり縁があるんだね~
そして、マクラウドの滝でまた会う

web middle falls 20121020 099


関連記事

秋のシャスタ ~マクラウドの滝では・・・その1~

この日は10月20日
プライベイトツアーガイドとしてMさんと一緒にマクラウドの滝へ

下流のローワーフォールズから歩いてミドルフォールズまでやってきて、きれいですよね~!と声をかけようとMさんを見たら、、、、

既に岩を下って水辺の方へ

え!早い! 

水に惹きつけられているようで、 本能的に何かを感じられたのでしょう。 

web mccloud falls 20121020 051

自然にとけているMさん なんかいい感じ。体いっぱいにシャスタの自然を感じているだろうな


web middle falls 20121020 067

太陽の光が水しぶきを照らす

web middle falls 20121020 068

黄色や緑や茶色ピンクの葉っぱ達

web middle falls 20121020 071

葉が枯れているような感じで、折れ曲がってるように見えるけど、流れと共に生きている。
激しい水の流れの中、ほっこりと、やさしい色の葉っぱが和み。調和してる

web middle falls 20121020 072

水はどんどん流れていく
気持ちがいいくらいに

web middle 20121020 069

秋の色ってあったかくていいね

web middle 20121020 057



関連記事

シャスタから日本に戻りました

今回、初めてMedford空港(メッドフォード、オレゴン)からSFO経由で日本に戻ってきました。いつもは、SFOか、Redding空港からなんだけど

8:00AM発の飛行機は少し遅れて離陸

朝日はもう昇ったなーなんて思いながら、ふっと窓の外を見たら

遠くにシャスタ山!!!

web sunrise shasta 11112011 PB122278

神々しい

web sunrise shasta 11112012 PB122280

シャスタとシャスティーナが朝焼けの中で寄り添って、見守ってくれているようで、ハートがあったかくなった

朝靄の中だったから、突然お山が現れて、急いでシャッターを押していたら、そのうちぱっと雲の中に消えていた、ほんの一瞬の出来事


2012年の秋、晩秋、初冬のシャスタ、約2カ月と聞くと長いって思われるかもしれないけど、あっという間、凝縮された日々でした。


今回のシャスタは、やはりなんといってもご縁のある方々との魂の出会い・再会。
シャスタの大自然に抱かれ、共鳴し感動し共振した日々。たくさんの素晴らしい出会いがありました。このような機会に恵まれ、本当に感謝です。ありがとうございます。

またシャスタに戻ることになり、シャスタのことを続けていくなんて全く思ってなかったのに。ゼロ地点まで戻してみたら、気付けばこうなっていた。
新しい扉が開いたように思う。



既に気持ちは、次回のシャスタに行ってま~す


まずは、12/1に東京に行きます!
シャスタファミリーの集い「シャスタルアウ」を開催しますので、お時間のある方は是非是非いらしてください♪♪♪

お待ちしてます


関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: