シャスタから始まったソウルジャーニー  2013年02月

シャスタ寺女日記 2月25日 イギリスからの旅人の巻

web 2013-02-24 Sky in McCLoud, 002

赤いスポーツカーが一台、やってきた
こんな田舎町では見るのが珍しい、それもオープンカー!! 

久しぶりに聞くイギリスアクセントの英語、なんだか楽しい 彼の人懐っこそうな人柄が出てるのかな
イギリスからの旅行者のヘンリーさん!
今日はArcataを朝7時に出発し、Red Woodをみてシャスタへ来たそうです。既に、シャスタ山5合目のバニーフラットも行かれご満悦の様子。

どうやって「Stoney Brook Inn」を見つけたの?って聞いたら、ガイドブック「ロンリープラネット」に載っていたそうです。英語版の地球の歩き方って感じの本ですね♪

町を散策したいそうなので、マクラウドのインフォメーションを話す。
レストランの場所、McCloudの町のこと、人口1500人、昔は材木の町でにぎわっていたとか、、、

ストーニーブルックインのオフィスの窓から空がきれいに見えたので、建物の横Californiaストリートを歩いて行くと「シャスタ山が見えるかもしれないよ」と案内すると笑顔

innを出てお山に向かって歩いている姿が見える

そうは、言ったものの、雲も出ていたので、シャスタ山は今日は見えるのかな、、、見えてたらいいな~、、、と思っていると、私もお山をとっても見たくなってきた。見えるかどうかも気になるし。
行っちゃう?!

そう思い始めると、見たくて見たくてたまらなくなる。
建物から首だけ出して覗いても、、、雲は見えても、お山までは見えない。

思いを抑えきれず、、、部屋からカメラを持ち出そうとしたら、電池が切れていた iphoneだけ持って、お山までダッシュ!!!

はぁはぁ~言いながら、シャスタの空気って澄んでて美味しいな~

web mccloud 20130215-1

美しい!
やっぱり、朝と夕方がシャッターチャンス

ヘンリーさんがしばらくして帰ってきた。
シャスタ山がピンクでとてもきれいだったそうだ!

そのあと、ジャグジーバス&ドライサウナを長い時間楽しんでいた。

とってもリラックス、リフレッシュした顔で、「Pleasant!」「本当に楽しいよ!ここに泊まることができて僕はなんてラッキーなんだろう。この小さな町もいいね!全部がすばらしい!」と マクラウドの町を、そして、ストーニーブルックインを大変気に入ってくれた。


「もう一泊したいんだけど、空いてますか?!」と、

安らいで、楽しまれている様子を見ているこちらまで嬉しくなってくる。


翌日の午後、
赤いオープンカーがストーニーブルックの前に停まる!わぁ!かっこいい~! けど寒そう…
今は冬! いくら晴れと言っても、気温10度です 今日は風がないけどね!

web 2013-02-24 SBI 006

彼は、innに戻ってきてすぐ私のいるオフィスにやってきた!
まるで帰ってきて家族に話しかけるように。

「とっても今日は疲れたよ!」清々しい笑顔…今日の出来事を話し始める

半日券を購入しMT.Shastaのスキーパークに行ってきたそうで、お天気も良く最高だったと

シャスタを思う存分楽しんでいる様子がわかる

ちょっと日焼けした顔がきらきら輝いてみえた。
シャスタに来た人って、日増しに元気になって、輝いていくなぁとみているけど、彼もまさにそう。

web sky 2013-02-24 SBI 004

web moon 2013-02-24 SBI 003


今日も日が暮れていく。
満月ではないけれど、月がとってもきれい。


ここストーニーブルックインは、日本人だけでなく、世界中の人をお迎えする。快適に過ごしてもらえるみんなのHOMEでありたいと思います。

彼もソウルファミリーなのでしょう。

シャスタに来た理由を聞いてみたら、ガイドブック「ロンリープラネット」にビューティフル・マウンテンと載っていたから。それだけでした。

シャスタのお山に呼ばれたのかな~、、、なんてね

きっと、ガイドブックにはカリフォルニアの名だたる見どころ、お山が載っていると思います。その中で、シャスタ山にピンときて選び、ストーニーブルックインを選んで。


旅って全部が選択! 自分で決めてるんですよね。
そう考えると、その人それぞれのスピリチュアルジャーニー!


人生も自分の選択なのでしょうね♪

関連記事

シャスタ 雪の後は晴れ、そして 雲を追いかけて!

2月のシャスタは晴れが続いてます。
2月19日朝から降った雪は一日のみで、晴れのお天気

朝日が眩しくて、気持ちがいい♪

eb mccloud 2013-02-21 002 004

web mccloud 2013-02-21 002 002

今年もまた寺女をやらせて頂いております。(ストーニーブルックイン、お寺のようなここでのボランティアは別名:寺女(てらおんな)寺男(てらおとこ)と呼ばれています。※「てらじょ」じゃないよ~

朝、キッチンでブレックファーストの準備をしながら、ダイニングルームの窓から朝日の光がすーーーと差し込んでくる。

web 20130215 sbi P2153487

web 20030215 sbi P2153490

正直言うと、、、ちょっと手を止めて、コンロの火を弱火にし、太陽をじーっと見つめています 太陽のエネルギーをもらって、こちらまでなんだかキラキラしてくるようなんです。

居ても立っても居られないそんな時は、、、、もちろん!!ダッシュで部屋にiphoneとカメラを取りに行き、写真を撮ってます。ポテトを焦がさないように、細心の注意を払ってね、、、ポテトへの愛情はキッチンに戻ってたっぷりと、、、

シャスタにきて、食欲はうなぎのぼり
もりもり食べるようになってきてます

これって、だんだん解放されて、開いていって、食べれるようになってるんですかね?
初日はそれほど入らなかったから…どうでしょう?

雪の後だから、なんなのか

朝日ともうひとつ、楽しいことが! 雲!!! 

雲を追いかける「蜘蛛女」、いや 雲女! スパイダーウーマン?!
(ちょっと関西系が入っている今日この頃です

web clouds in shasta 2013-02-21 001 010


web clouds in shasta 2013-02-21 001 008


web clouds 2013-02-21 2013-02-21 001 005


web clouds in shasta 2013-02-21 001 038


web clouds 2013-02-21 2013-02-21 001 042

午後3時頃になると風も強くなってきて、写真を撮っては急いで車に戻る。そんなにまでもしても、雲を追いかけたい! 心が躍る! 楽しい

こんな凍えた体をあっためるのは、ほっとココが一番!
とっても甘~いココアが冬はいいですね♪ ほっ

関連記事

シャスタの空は朝からパワフル?

シャスタに来て久々に6時半起き
外がピンクに染まり始めてる!!
いい朝の予感

web 2013-02-16 McCloud 001

シャスタ山を拝みに歩き始める
東の空がオレンジ色に染まっている

web 2013-02-16McCloud 003

お山までストーニーブルックインから約3分

web 2013-02-16McCloud 009

web 2013-02-16McCloud 013

web 2013-02-16McCloud 019

太陽のだいだい色の光が上に向かってる?!

2013-02-16McCloud 026

飛行機雲もやけに朝から飛んでる

web 2013-02-16McCloud 032

2013-02-16McCloud 037

パワフルな太陽
なんだか、上に向かっている光が気になるな~

web 2013-02-16McCloud 041

web 2013-02-16McCloud 048

2013-02-16McCloud 052

朝からシャスタの空に見とれてしまう…
なんか意味しているのかな

2013-02-16McCloud 055
関連記事

シャスタを感じて

シャスタにいて、

web mtshasta20120212 P2122955

心の内をひも解いている

web mtshasta 20130212 P2122966

私はシャスタが大好き
ここがHOME、落ち着く
そして、だんだん開いていく

web mtshasta 20130212 P2122968

自分では自由だ!自分のやりたい道へ進んでいく!って思って日本にいるつもりだったが、シャスタに来てみると、あらっ、、、、
いつの間にか、日本では窮屈さを感じ、知らず知らずのうちに縮こまっていたのかもしれないって思う。

それだけ、シャスタにいるとリラックスしてるってこと

固まっていた体が緩まっていき、さらに開いていく
気持ちいい、楽になってきている

そうすると体の中のエネルギーが流れ始め、通っていく感じがする

web mtshasta 20130212 P2122982

シャスタの大空
突き抜ける蒼さ

web mtshasta 20130212 P2122988

北から見るシャスタは、南のMcCLoudから見るのより、まさに天界
神々しいシャスタ

関連記事

マクラウドの朝の散歩

シャスタに来てから無性に眠い 思いっきり寝ていたい~と思ってしまう。。。こんな風に思うのは珍しい気がする、どちらかといえば、朝からシャスタ山へダッシュ!!!ってタイプなのだから

こんなにも気持ちいい睡眠
安らかに、ゆったりした気持ちで眠れるのもシャスタだから
HOMEだから、自分の居場所だと感じるから
静かなシャスタの空気に無意識上で溶けているのかも


やっと、朝日を感じる時間に起きた。
HOMEの「Stoney Brook Inn」の玄関から歩き始める

web 20130213 mccloud P2143211

冷たい空気に一瞬体が縮む
それが気持ちがいい
眩しい朝日に顔がほころび、にやり
だって、すごく気持ちがいい

web 20130214 mccloud P2143214

朝日、つーんとした冷たい空気、これだけで清々しくなってきて足取りが軽い

web 20130214 mccloud P2143212

朝のお散歩
シャスタのお山を見に歩いて行って戻ってくる
このちょっとの散歩、これがシャスタにいる、シャスタで過ごす醍醐味の一つでもある。

地元の人の車が横を過ぎる
車の中から手を振って朝の挨拶
これがマクラウド!
帰ってきた~って実感した

web 20130214 mccloud P2143213

一歩一歩、足の裏を感じながら歩いていくと、
ぴたっ、ぴたっと地面に足を下ろしている自分を感じられ、
あらためて、地球上に立ってるな私、
こんなこと思うのはシャスタにいるからなのだろう

web 20130214 mccloud P2143216

はぁ~と吐く息が白い空気に全身包まれる
寒く感じない
シャスタの気に和んでいく

web 20130214 mccloud P2143219

関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ライター、聖地リトリート・コーディネーター&ガイド
(シャスタ・ハワイ・カウアイ島・ルルド・アッシジ・スペイン巡礼、熊野)

【about me】
福岡県生まれ。大阪教育大学卒。東京でのサラリーマン生活を経て2008年8月アメリカ移住。2008年から始まった私のシャスタ滞在は現在600日を越え、現在はシャスタと日本、世界の聖地巡礼を続けています。

続き⇒プロフィール詳細


【Retreat】
リトリートのご依頼、プライベートガイドを承ります。みなさまの魂の旅をサポートします。

♡2017年聖地リトリートのスケジュール⇒リトリート2017

☆シャスタ
☆ハワイカウアイ島
☆熊野
☆ルルド
☆アッシジ

♡お問い合わせ
こちら




シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら


web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」シャスタのページ、2013年から寄稿。
詳細は⇒写真をクリック
価格1,836円(税込)


リトリート参加者募集
【熊野リトリート】
4月29日~5月2日

詳細⇒熊野リトリート 癒しと再生の旅♪ 神秘ウォークと玉置神社ツアーツアー


【熊野リトリート】
4月30日
詳細⇒熊野リトリート4月30日那智山 神秘ウォーク


★5月2日
平安衣装で熊野詣



【シャスタリトリート】
7月15日〜21日
詳細⇒シャスタリトリート
サンフランシスコ空港集合
レディング空港解散


【カウアイ島リトリート】
8月6日以降〜
※日程調整可能です



♡ただいま参加募集 ⇒聖地リトリート2017 スケジュール

♡リトリート⇒お問い合わせ


カウアイ島、シャスタ、ルルド、アッシジについてはスケジュール合わせ開催可能です。

詳細はお問い合わせください

お問い合わせ後、3日たっても返事がない場合はメールが届いてない可能性もあります。メールフォームから再度お問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事&関連記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム
カテゴリー
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです