シャスタ Mihoのつぶやき 

Mihoのつぶやき 

15回目のシャスタを終えて。。。

MtSHasta 040610

3/28から1週間のつもりで出かけたはずが、イースターの雪で延泊を決め、そして、あれよあれよと2週間もいたんです。あっという間でした。家に帰ってきたときには、本当の私の家はどっちなんだろうかと、錯覚しそうな感じでした。シャスタは私の心の故郷

今回は、Stoney Brook Inn(SBI) で通称「寺女」をやらせていただきました。簡単に言えば、お手伝いです。オフィスでの電話対応、予約業務、ゲストの方のチェックイン、サービス、朝食の準備のお手伝い、雪かき、掃除などになります。
ただのオフィスワーカーのように、仕事をこなせばいいってことではなく、心を込めてひとつひとつ行う。
アメリカで言うB&B=Bed & Breakfastは、日本で言う民宿、ユースホステルのようなもの。お客様とのコミュニケーションが一番大切なんだとあらためて感じました。

ストーニーブルックインのオーナーひろみさんによれば、昔々ストーニーブルックイン(SBI)は、テンプル(お寺)だったそうです。だから、寺女


SBI 040510
イースター翌日、午後には晴れて雪は解け、屋根に少しの残雪

寺女をやってみて、本当にこの2週間は、私の人生において必要で重要なものだったと思う。いろんな気付き、学びがありました。

例えば、心をこめて作った朝食は、どんな高級料理より美味しいのです!愛がいっぱい入っているから。
お客様にレシピを聞かれ、普通すぎると驚かれたほど

気持をこめた対応は、やっぱり伝わるんだなって。。。すごく喜んでくださるお客様の顔を見ると、とっても嬉しくなりました。

そして何より、チェックインされる時のゲストの方々の表情とチェックアウトされる時の表情はまるで別人のように違って、愛がたっぷり充電されて、生き生きとピカピカで帰られます。

シャスタ山のエナジー、ストーニーブルックインのアットホームで居心地の良さ、ひろみさんのあふれる愛情、どれもが忘れかけていた何かを思い出させてくれるのではないでしょうか。心が本当にほんわかあったかくなるって感じ。

ひろみさん、素晴らしい経験をさせて頂いて、本当にありがとうございました。そして、ゲストの皆様ににもお会いできて嬉しかったです。ゲストを迎える立場になってみて、気付いたことがいっぱいありました。
今後も、時々、寺女としてストーニーブルックインに行ってきます!

SBI 040610





関連記事

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: