シャスタと世界のパワースポットを旅して シャスタに何度も行くのはなぜ? 寺女の日記 (電話の彼)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャスタに何度も行くのはなぜ? 寺女の日記 (電話の彼)

私はシャスタが好き!シャスタに飽きることなく通っている。なんでだろう?自然の宝庫だから?水がおいしいから?山がきれいだから?ハイキングが好きだから?

シャスタに行くと心が落ち付く。自分の家に帰ってきたような、ありのままの自分でいられる。飾ることなく、何をしてもどんな自分であっても、受け入れてくれるシャスタ山がいるように思う。

とっても、居心地がいい場所なんだー

そして、やっぱりストーニブルックインの宿のおかみ、ゲートキーパーと言うべきらしいが、ひろみさんに会うこと、お話しすることもシャスタに来る目的のひとつになっている。家族に会いにきた!って感じかなぁー

そして、シャスタに通い詰め、とうとう、うーん、やっぱり、なるべくしてというか、Finally、寺女として、ボランティアで宿を手伝うことになった

こんな機会に恵まれて、私はほんとに幸せ者だ

MtShasta morning 043010-10001



今年になって2回、ボランティアで宿のお手伝いをさせていただいた。この夏もシャスタとベイエリアを行ったり来たりの生活の予定

1回目は、右も左もわからず、とりあえずofficeに座っていた。かかってきた電話に出て、マニュアル通り対応。

ある日のアメリカ人の男性からの電話
…んんんなに言っているかわからない!聞き取れない 英語話しているんだよね?他に何語が考えられる?
は~~、何度聞き直しても???わからない!!! どーしよー 自分の耳がおかしくなったのかと錯覚したけど、英語力の問題だ。。でも、聞くしかないのだ。私しかオフィスにはいないんだから

アルファベット1文字1文字を聞き返す。これほどまでの英語力の低さに自己嫌悪。名前は、なんとか書きとめた。名前からつまづいていたのだ。。。
次は、住所…アメリカの町の名前は聞き慣れないので、さらに難しい。何度も聞き返しているので、本当に申し訳ない。。あ!そうだ!、郵便番号さえ、ちゃんと聞けたら、あとからインターネットで調べたらいいんだ!…んふふ なんとなくの聞えた通りの英語を予約帳に書き込む。
本当は、こんなことしたらだめだとわかっているけど、さすがにねぇ~。顔から火が出るくらい恥ずかしかった。でも、彼は終始、一貫して紳士な態度で接してくれた。こんな英語オンチな私が対応したけど、予約してくれたのだ!! ふぅー、どうにかこうにか、初の予約業務完了!!! やったね☆

彼はどんな人なんだろー?シャスタがやっぱり好きなのかな?どうやって、ストーニーブルックインを見つけたんだろう? っと電話を切った後、思ったけど、そんな聞ける余裕があるわけない

はぁーあ、さぞかし、気を悪くしただろうとすごぉーく気になっていたた。彼の名前も忘れることなく、頭の片隅に記憶されていた。

その方が、2回目の寺女の時に、奥様といらっしゃった!
本人に会えるのは嬉しかった。自分の初めてのお客様って感じがして。でも、「あの英語オンチは私です」と、名乗り出るほどの勇気もない。できれば、あの予約の電話は忘れてくれていたら嬉しい気もする

このご夫婦は3泊の予定だった。
ちょうど、GWで、日本からのお客様も多く、宿は満室状態。彼らは彼ら自身で楽しまれているようで、ofiiceに立ち寄ることもない。朝食時に見かける程度。せっかくの二人の素敵な旅をじゃまするつもりもない。

彼らの滞在2日目の朝、7時半頃か、宿の庭のお掃除をしていたら、一台の車が駐車場に停まった。
あああ!車から降りて来るのは、あの方ではないか?あら、今朝はおひとりで?

MtShast from SQvalley 0503100001



つづく
関連記事

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。