Welcome to my blog

シャスタ 

Article page

シャスタのシンクロ 

Category - ひとりごと
シャスタでは、様々な出会いがある。
「はじめまして」って一度会って、それきりってことじゃなかった

Bunny Flat Nov-1 

私の初シャスタ(2008年11月末の感謝祭)での出会いは今もつながっている。この時は、東京から、ロス、サンフランシスコ、シリコンバリ―、ドイツから・・・と様々な方面から人が結集していた。同じ時期にシャスタに呼ばれたからか、初めての出会いからすぐにうちとけ、今も深く繋がってるって感じがする。

実際、そうだった。

初シャスタ依頼の親友、SF在住Mさんとは、シャスタに行く約束をしていなくても、シャスタで偶然に出会う。現地で「あれ! 来てたの!」ってことがよくあった。それも、いつもは全然行かないシャスタシティのメインストリートの洋服屋さんでばったり会ったり、シャスタシティパークで会ったり。何度もあるから、何かとっても縁を感じる。
Headwater 092910-1 Headwater 092910-2

東京在住のダンサーMちゃんとは、2009年3月にシャスタで再会することになっていた。どうせ宿はストーニーブルックインだから、特に待ち合わせを決めていませんでした。
私は、シャスタ合流の日、モスブレーフォールズに行きたくて、「ひとり滝ヒーリング」をしていたんです。たくさんのミストを浴びながら、大きな石に座って瞑想。
帰ろうか、もう帰ろうかと思うけど、動けなくて、何時間もしていたら、、、偶然にMちゃんが滝の前に現れたんです 「えーなんでー、約束してないのにー!!」 偶然の出会いって、嬉しさ倍増になりませんかぁ

Mossbrae falls 032009-1 mossbrae falls 040609-1

シャスタでの出会いって、その人それぞれが、本来の自分を取り戻して、素の自分で自然体になってるから、結び付きも強くなるし、その時の同じ波長の人が集まってきてるって思う。

何かあるって期待しすぎると、そして、答えを求めて、「おーい、教えてよー!シャスタ山」なんてやった時は、なんにもわからなかった。なーんも考えず、ただ自分のために、癒しを求めてシャスタに来て、自分らしく過ごしていると、え!というようなことが起こったり。シャスタから家に戻ると何か進んでいたり。
Sacrament river 1128108-1

本来の自分、本当の自分が何がしたかったか、何が自分が喜ぶか、無邪気で子供の頃の自分に戻ってしまう、シャスタの透明な気は自分の気持ちをそのまま映し出す

シャスタの空気、シャスタの水…ほんと、ピュアーなんです心も身体も綺麗になる
あ~シャスタのおいしい水、飲みたくなったよぉ~~
関連記事

Category - ひとりごと

0 Comments

Post a comment