シャスタ シャスタツアー 新年リトリート 高津文美子さんの「フェイシャルヨガ・セミナー」

シャスタツアー 新年リトリート 高津文美子さんの「フェイシャルヨガ・セミナー」

シャスタ、ストーニーブルックインで、新年のお年玉イベント!

心と体とスピリットがひとつになる、21世紀の新しい人間の生き方がはじまっている2011年
白いシャスタ山の自然を感じながら、自分を取り戻し、美しい自分に再会するチャンスを、フェイシャルヨガのパイオニアとしてテレビや女性誌で大活躍の高津文美子さんがお届けしてくれます。

Prof_jpg_1MB.jpg ムンクのあくび

このセミナーは、彼女のハートからの贈り物。
Body (身体), Mind(心 )Spirit (魂) にぐっとくる少人数で行う、内容の濃い特別企画「フェイシャルヨガ・リトリート」

ななななんと!
高津文美子さんと私は、福岡の同じ高校卒業だったんです!
11月にシャスタにいらっしゃった時に、ふみさんに「なんか、会ったことありますよね~」と言われ、「え???」「ないと思いますけど」と言っていたら、「出身はどちら?」
あれよあれよと、言う間に、「キャー、同じ高校!!!」と大盛り上がりになりました

なんとすごい偶然なんでしょう
シャスタで、こんなご縁があることって、あるんですよね~

詳細は、こちら
日程:2011年1月15日(土)午後4時 ~ 1月16日(日)昼12時まで
会場:ストーニーブルックイン、多目的ホールキバ
参加費用:お一人様123ドル、費用に含まれる代金(セミナー料金、夕食 、ランチ)
宿泊費は含まれておりません。ご希望の方は、ストーニーブルックイン(1-800-369-6118)までご連絡ください。


Fumikos_Face_Yoga_011511-01.jpg Fumikos_Face_Yoga_011511-02.jpg

~~ 詳細 ~~
第一日目 1月15日(土曜日)、
4:00pm-6:00pm オリエンテーション、フェイシャルヨガの紹介とレッスン
6:30pm-7:30pm 夕食 
8:00pm-9:30pm フェイシャルヨガ レッスン

第2日目 1月16日(日曜日)
7:00AM-8:00AM フェイシャルヨガ・レッスン
8:15AM-9:15AM 朝食(ストーニーブルックイン宿泊者の方のみ)
10:00AM-12:00PM 数秘術のミニワークショップ

参加人数:最少人数3人から最高人数5~6人
人数により、こちらのヨガセミナーが延期されることがありますのでご了承ください。
申し込み締め切り:1月11日(火曜日) 午後8時
お申し込み方法、セミナーの内容のお問い合わせ・・・高津文美子さんにemailでご連絡ください。
fumikotakatsu@hotmail.com


もし、日本から参加される方、Redding空港から送迎が必要な方は、アレンジできますのでshastamiho@hotmail.com までメールしてください。

みなさまのご参加をお待ちしております!!

関連記事

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: