シャスタ 宮島の光

宮島の光

2012年12月22日の朝日を拝むぞ!っとはりきってましたが、あいにくのお天気、太陽さんは見れませんでした。当たり前のことだけど、あれだけ厚い雲がかかっていても朝になると明るくなってくる・・・夜が明ける。雲の後ろでさんさんと輝いているのだろう・・・エネルギーは伝わってくるのかなぁなんて思いながら雲を見つめてました。

新しい時代になって何が変わったの?と思いますが、そんな一日で大きな変化って見られないのでしょう。意識が少しずつ変わっていき、気がついたら、シフトしていってたの~なんてなるのかもしれません。人間の意識って97%無意識らしいから、そちらの活躍の方に大きく期待して、思考はポジティブに、感性は柔らかく、無理せず、楽しく、生きてたら、愛に生きるってことに繋がるのかな


12月18、19日は、福岡から広島へちょっと旅へ行ってきたので、その時の光を!

web miyajima 20121219-PC192417

web miyajima 20121219-PC192416

宮島は、世界遺産!

web miyajima 20121219-PC192392

web miyajima 20121219-PC192393

今回の広島行きも、、いつもながらの思いつき、直感です

ちょうど、友人との会話中、18,19日に広島に行ける!!!
21,22日の新しい時代の幕開けをどこかへ旅して迎えたいって思いは今回は出てこなかったので、福岡で朝日を!となんとなく思ってましたから、ちょっとでかけて福岡に戻ってくるプランがぴったりでした

交通手段は、幸福バス・・・漢字が違いました、広福(こうふく)バス!いいネーミング

それが実は片道2000円だったんです
1週間前までの格安席が予約できてラッキーでした
通常は4000円。4時間かかるのですが快適でした

web miyajima 20121219-PC192378

宮島では厳島神社に行っておわりなんて、もったいないです。
私は一日中、歩きまわりたいくらいでした。海に癒され、山に癒され、お寺に癒され、光に、落ち葉に、自然に癒されました。

願い事をひとつだけかなえて下さるという一願大使が祭られている大聖院!
その隣に流れている水がとても気になって気になって、、、
清らかな水の流れは果てしなく透明で美しかった・・・遊歩道が繋がっていて登っていくと白糸の滝があるらしい

シャスタではすぐに靴下を脱いで水へgo!となるのですが、今回は手で感じてみたくなり、、、入れてみて、やっぱり! 透明な水は澄んでいてとってもピュア、生命を感じました。手もすべすべになったような気持ちよかった~

水を感じたい!って気持ちに正直に

web miyajima 20121219-PC192406

もみじ谷を散歩していると空気がきれいでとっても気持ちいい
自然の中を歩き、幸せ感が倍増でした。ときどき差し込む木漏れ日、思わず立ち止まって写真におさめました。


web miyajima 20121219-PC192402

どこに行っても光に包まれていることを実感。
意識ってことですかねー
幸せ感度、上げていきたいです



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: