シャスタ シャスタ・ソウルジャーニー 2

シャスタ・ソウルジャーニー 2

Junko’s Mt.Shasta Retreat
  Dec31 2010-Feb3 2011


よーく日にちを見ると、12月31日から2月3日!!!え~! そんなに長いの?って思いますよね
Junkoちゃんは当初の予定では大晦日からシャスタに来て、1週間か2週間の予定だったんです。ですけど・・・・・

シャスタで何かを感じ、彼女の中で何かが起こり始めていく、、、そんなJunkoちゃんの体験を一緒になって感じて頂けたら嬉しいです

シャスタに来られた方なら、、、、なんとなく想像がつくのでは、、、
あの神聖な空気の中で、シャスタの自然に抱かれていたら、日本に帰りたくなーい、帰られないー!!ってなりますよね。。。ふふふ

シャスタは故郷。魂の故郷




DAY4

朝起きて鏡を見たら、自分の顔が「リトル・トリー」みたいになっていた。
まるでネイティヴアメリカンの男の子!

今日は朝からBurney Fallsへ。
凍ったicyな道をゆっくり歩いていたのだけれど、滝の音が近づいてくるにつれて、思わずスキップし、ついには駆け出してしまった!!
自分が大きく広がり、力が湧き上がり、眠っていた野性が目醒める感覚。
思わずハートがぱーっと開いて、感動の涙を流しながら撮った写真には、レインボー色の光、光、光。
Burney Fallsは、解放と喜びと共に、太古の魂の記憶を蘇らせてくれる場所…

web junko retreat winter berneyfalls1 web junko retreat winter berneyfalls2

ずっと滝にいたせいか体が冷えてしまったので、帰りにBlack Bear Dinerでお茶。
お気に入りのバナナクリームパイ♡あまりの甘さに思わず笑ってしまう。 Yummy!!

web junko retreat winter bear1

Black Bear Diner
401 W. Lake St. Mount Shasta
530-926-4669
www.blackbeardiner.com



DAY5

INNの弘美さん&美穂さんが付けているネックレスやブレスレットがどれも可愛くて、どこで買ったのか尋ねるとご本人達の手作りだと聞いてびっくり!自分も作ってみたくなる。
シャスタで買った天然石やビーズでアクセサリーを作ったら、自分の旅の記念にもなるし、お土産として友人にプレゼントするのも素敵かもしれない。

膳は急げでYrekaにあるWalmartへShopping。
Walmartは大型スーパーで、食品や衣類、日用品などが多数揃い、どれも安くてリーズナブル!
アクセサリー作り用のパーツを置いて並べる台&万能ペンチのセットや、色とりどりのビーズのセット、
ワイヤーなど、どれも激安で種類も豊富。

続いてMt.Shasta City にあるSilver Moon Galleriaへ。
オーナーの女性がセンス良く集めた天然石や色とりどりなビーズ、アクセサリーのパーツの他、手作りのアクセサリーがどれも本当に可愛い!レインボームーンストーンのハート型のピアスを購入した。
世界各国で集めた1点物のヴィンテージパーツなどもあって、web siteでも購入可能らしい。
不思議なことに、お店で思わず手に取ってしまうのが全てレインボームーンストーンで、なぜ??…と思っていたら、折しも今夜は2011年最初のパワフルな新月。石が私を呼んでくれたのかな?

Silver Moon Galleria
106 Alpine St.
530-926-1553
www.silvermoongalleria.com


興奮気味でINNに戻り、買ってきたパーツを広げてわいわい女子トーク。
どんな物を作るか思案するのはとっても楽しい!
夜、薪ストーブの前でお茶を飲みながら、ブレスレットを一気に3本も作ってしまった。
細かい作業だけど、無心になってやり始めると止まらない。思わず夜更かししてしまう。

web junko retreat winter crystal1 web junko retreat winter crystal2


DAY6

今日もいいお天気!
着いてからずっと快晴の日々が続き、あんなに積もっていた雪がどこも溶け始めている。

お昼はMt,Shasta Shopping Centerの中にある、Pizza Shopにてランチ。
ピザとサラダがAll-You-Can-Eat(食べ放題)で安くて美味しく、お気に入りのお店の一つ。

午後からCastle Lakeへ。
Castle Lakeの白と青の世界、この透明度は本当に美しい。
湖面は凍っているけれど、やはり表面の雪は溶けており、ところどころ氷が薄くなって透き通っている所があるので、おそるおそるゆっくりと歩いた。
ずんずん奥の方まで歩いて行くと、何かきらきらとした音が聞こえてきて、その音の行方を探していたら
一番奥まで行ったところに、上から雪解け水が岩肌を流れおりて、小さな泉を作っているのを見つけた。
そして岩壁には、不思議な星のラインが浮き出ている!
きらきらしたお水が輝く、エメラルドグリーンの神聖な泉。何て美しいのだろう!!
しばらくその泉に見入ってしまい、動けなくなってしまった…。

web junko retreat winter castlelake1 web junko retreat winter castlelake2

web junko retreat winter castlelake3 web junko retreat winter castlelake4


DAY7

今日も春みたいなぽかぽか陽気。とっても気持ちいい。

午後からLake Siskiyouへ。
いつもの道とは違う、North Shoreという通りから入って湖へ出ると、違う場所に来たかのように感じた。
人が少なく、ほぼ貸し切り状態の湖。
湖面に太陽の光が反射してきらめき、そんな光のダンスから目が離せない。
寝転んで、太陽をいっぱい浴びた。

web junko retreat winter lakesisikiyou 3 web junko retreat winter lakesisikiyou 4

しばらく周りを散歩していると、昨年秋に完成したという新しい橋が出来ていたので渡ってみると、橋からの景色もとってもきれい!向こう側から犬の散歩やウォーキングをしている人がやってくるので、何だろう?と思っていると、どうも湖を一周出来るトレイルロードが完成したのだそう。
次回、チャレンジするのも面白そうだなと思った。

Lake Siskiyouは、ピンク色に染まった逆さ富士、ならぬ逆さシャスタも見える夕暮れ時もきれいだけど、昼間の明るい時間もやっぱり素敵。
同じ湖でも、Castle Lakeとは表情が全く違う…。平和な清らかさで満ちた場所。

web junko retreat winter lakesisikiyou 1 web junko retreat winter lakesisikiyou 2




Burney fallsにかけていく!わかるわかる!!
写真を見ていると自分がそこにいるような気になってくる。まさにネイティブアメリカのドラムのが音が聞こえてきそう・・・そう思っていると、ハートに鼓動が響いてくるようです。

日本にいても、すっとシャスタの場所へワープしちゃってるのかな・・・

シャスタの神聖な空気、清らかな水、、、光

シャスタのひとつひとつのスポットで、感動が沸き起こり、心と体が自然に還っていく。自然の中に身を置くと風が水が緑が氷や雪、木々や葉っぱのひとつひとつからのメッセージが聞こえてきているのかもしれません。

こんな音のない、究極の静寂を体験。雑音が全くない。そんなシャスタはやっぱり冬の醍醐味なんですよね~

リトリートっで非日常に身を置くことで、本来の自分自身還っていくことなんじゃないかと思います。心身が癒されて元気になっていく。元の気に戻るってことかな。



シャスタ・ソウルジャーニー つづきをお楽しみに!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: