シャスタと世界のパワースポットを旅して シャスタから帰国し熊野へ ~深い熊野に出逢った時~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャスタから帰国し熊野へ ~深い熊野に出逢った時~

シャスタから関空に7/30に降り立ち、そのまま奈良県・十津川村、そして熊野に行ってました。やっと福岡に戻り、お盆を過ごしました。

web 20130801 IMG_3447

熊野古道を歩いていた4/29、たまたま、十津川村・果無(はてなし)で観音祭りに遭遇。そこで、出逢った人々に大変お世話になり、お礼を言いたい!もう一度逢いたい!と、自分の気持ちに逆らわず向かった今回。

なぜか、とても惹かれる、、、十津川の神秘。
シャスタとの共通点? 今、思うこと、それは、「手つかずの自然がそのままある。山々が深く、懐が深い」 

あ~、また故郷に出逢ってしまった、そんな気持ちです。きっと、何度も訪れることになるだろう場所。


●十津川村●
日本一大きな村、96%は森林。そこには、1000mを超す山々がなんと100以上ある。深い山々を通り抜けていく、世界遺産「熊野古道(小辺路)」がある。

web 20130801 IMG_3462 web 20130801 IMG_3419

この暑い最中、日の出を見ようと熊野古道を朝から登りました本気で来るとは思われてなかったようで、そうとう驚かれました

web 2013-07-31 004

web 2013-07-31 005

web 2013-07-31 013


そして、十津川村にある玉置神社に絶対行きたいと思っていた。

●玉置神社●
霊峰玉置山に鎮座する玉置神社は大峯奥駈道の極めて重要な聖地、世界遺産。大峯奥駈道は、修験道の道。
とっても厳かで幽玄。ご神体は神代杉

8/1に熊野の写真家Tさんに案内していただき、8/5には、シャスタファミリーTさんが大阪出張中に来られるということで、玉置神社で再会。この短い滞在で、2回も行くことになるなんて、よっぽどご縁があるのでしょうね。
1回目と2回目、全く違う顔を見せてくれました。

web 2013-07-31 045

web tamaki jinjya 20130805_SDI3534

web tamaki jinjya 20130805__SDI3537

web tamaki jinjya 20130805__SDI3543

web tamaki jinjya 20130805__SDI3586

web 20130805 tamaki _SDI3581

またしても、予定は未定で、流れで動き出した巡礼の旅。

「東へ」と感じていたから、戸隠→東京の予定を考えていたのですが、熊野から移動の日に、「今回の熊野滞在は短かったなー」と思っていたら、実は、引き止められるように温泉宿に忘れ物をしてた。その瞬間、、、あ~、やっぱりこのまま去れないっと確信した。

前回に引き続き、なんだか、長い滞在になる熊野。今回、結局は、約10日間。
ご縁がどんどん繋がっていく、、、深い熊野を旅してます

シャスタの後に熊野に行った意味はあるのだろうか?
私を惹きつける深い森、人々、神社仏閣、修験道、滝、水、、、

web kuwanoki waterfalls 2013-08-09 007 web kuwanokinotaki 2013-08-09 008

web 2013-08-05 078 web 20130805 kumano_SDI3477


何をしていたかって、、、
行動は語れるけど、感じたことはまだまだ消化中。

十津川村、果無集落、玉置神社、国常立尊、笹の滝、雨滝、三重県熊野市の太鼓祭り、天河弁財天、市杵島姫、河鹿の滝、速玉大社、植魚の滝、三輪山、大神神社、ひふみ神示、日月神示、、、、、

web hayatama 2013-08-09 002

いろんな神様が祀られていて、、、
言葉で説明するのはまだ難しい。ただ思うのは、熊野にご縁があるということ。


シャスタとは、違うエネルギー
シャスタが天界、すべてを受け入れるのであれば、熊野はなんなのだろう?
蘇りの地「熊野」

web tamaki jinjya 20130805__SDI3611


ただ、感じるのは深い。
そして、シャスタと同じように、手つかずの自然がそのままある。水がある。滝がある。森がある。

でも、全然違う

熊野は修験道、行者の道があり、厳しい、幽玄、

web 2013-08-05 014
 

もしかしたら、シャスタとは極と極なのだろうか?
私は熊野に来ることで、バランスが取れるから来るのだろうか?

なんて、、、いろいろ想いながら、、、

シャスタが繋いだご縁でお世話になってる三重県熊野市のYさん。

そして、雨の熊野古道を歩いていた時、バスに乗り遅れ困っていたところ、那智の滝へ向かう道「大門坂」で、熊野の写真家Tさんに救われました。そのご縁で今回も秘境熊野をご案内して頂き、さらに深い深い熊野を体験しました。どうも、ありがとうございました。

素晴らしい出逢いに感謝、、、そして、再会に感謝、さらに深まる熊野滞在でした。
ありがとうございます。

都会だったら、すっと通り過ぎていくだけの人と人。
シャスタで起こる魂の再会が、ここ、熊野でもあると確信しました。
本当はどこでもあるのでしょう。。。

熊野に出逢え、嬉しいです。

web ametaki 20130803 _SDI9899

web ametaki 20130803 _SDI3397

web ueuonotaki 20130806 __SDI9913


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。