シャスタ 春になりました?!

春になりました?!

節分、立春も過ぎて、暦の上では「春」ですね!

web blog 2013-06-14 067

といっても、雪が降ったり、まだまだ寒い日もあります、でも温かい日もあり、冬至に比べると日が長くなってきてますね~ 

web blog IMG_2694

立春をむかえたから、旧暦のお正月がきた!?と思っていたら、旧正月は2月19日でした。お祝いはとっておくとして・・・

web blog 2013-07-27 006

私は冬至頃から、静寂、内省、内観、すべてを受け容れる、二元性の超越、オープンハート、無になること、いまここ、意識する・・・・などその時その時に感じることをブログにも書いてますが、、、静かな時間を持つことで今までよりも深く感じたり気付いたりしているような気がします。今思うのは、意識的に過ごすこと!

自分自身を観察してみると、日々の行動や言動は無意識で、なんと無造作にしていたのだろう・・・とあらためて気付きました。例えば、掃除機をかけながら頭では別の事を考えているから掃除機の本体は壁にぶつかったりしながら、また料理だって食べられたらいいわけで、それほど細かく考えず適当にやっていたわけです。ほとんど(すべてに近い)の動作をしている時、頭は別の事を考えていて、別のところに行っていてここにいないって、自覚したわけです

web blog IMG_2705

「今ここ」を意識!

意識的に掃除をしてみると、動作が丁寧で優しくなったよう、、、そして急に掃除機に愛着がわいてきたりして。皿洗いも意識的に行うとなんだか楽しくなってくるのです。今まで、仕方ないから、半ばイヤイヤやっていましたが、自分のこころの在り方で全然違う (そんなこと知ってます!と言われる方も多いとは思いますが…

意識的に行動するを始めたら、いつもHAPPY、心がすーっとして気持ちいいんですよね。
心ここに在らず、、、ではなくて、心をこめる

節分の日は、豆まきして、恵方巻き食べてみなさん楽しまれました? ははは

実は巻き寿司を作っちゃいました 多分、心を込めるって思うからできたんでしょう

すし酢ももちろん作りましたよ!かんぴょうも煮て(かんぴょうを煮たのは人生で二回目)、卵焼き、三つ葉、キュウリとピンクのでんぶの具をひとりひとり、まきすで巻いて自分で巻きずしを作って今年の方角「西南西」を向いて食べました! 料理の本通りにやればできるんですね 要はやる気 気持ちですね。 すし酢は市販の物が簡単だと思っていたけど、家にある調味料を混ぜるだけなんだから作った方が断然おいしいことがわかりました(自画自賛ですが

毎日を意識的に過ごす!を始めると、掃除もお料理も今までとは全然感じ方、やり方が変わってきました。もちろん、歩く事、ご飯食べる時も、いつも意識を「いまここ」になんです。そうすると、何より、気持ちよくいられるのが一番幸せです!このHAPPYはいつなんどきもHAPPYでいられるんですよね!幸せってなるもんじゃなくて、幸せであるってことでしょう

web blog 2013-07-27 024

ちょうど立春をむかえ、気持ちも晴れやかに、春の日差しのように光が差し込んできたような気がしています。

感謝

関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: