シャスタ  熊野古道歩きました! (大門坂~那智の滝、那智大社、青岸渡寺)

熊野古道歩きました! (大門坂~那智の滝、那智大社、青岸渡寺)

熊野古道・中辺路ルート、大門坂から那智山へ向う前に、いつも寄る場所がある。

それは、那智の浜の宮にある「熊野三所大神社」と「補陀落山寺」です。隣接しているので一緒に参拝できます。

web 2015-04-30 001

「熊野三所大神社」、熊野権現三神、即ち夫須美大神、家津御子大神、速玉大神を祭神とされていて、また丹敷戸畔神社もある場所です。詳細→和歌山県神社庁

web 2015-04-30 008

補陀落渡海の補陀落山寺は世界遺産に登録されている。詳細→那智勝浦観光ガイド
こちらの千手観音様の秘仏を拝むことができたら幸運でしょうね

では大門坂へ

web 2015-04-30 013

車の場合は、大門坂駐車場へ。トイレも完備されています。さかのぼりが心配な方には竹の杖が多数用意されているのでそれを使うのもお勧めです。
バスの場合は、JR紀伊勝浦駅からバスが出ていますので「大門坂」まで乗るのがいいと思います。歩くとかなりの距離があります。

ちょっと歩くとレンゲソウ!春、初夏ですね

web 2015-04-30 018

大門坂の石畳!是非歩いてみてください!

web 2015-04-30 037

石畳を登り切り、今度は階段。やっとその上に那智大社、

web 2015-04-30 157

web 2015-04-30 145

青岸渡寺へ

web 2015-04-30 148

web 2015-04-30 151

那智の滝へ

web 2015-04-30 132

web 2015-04-30 103

web2015-04-30 124


web 2015-04-30 139




関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ライター、聖地リトリート・コーディネーター&ガイド
(シャスタ・ハワイ・カウアイ島・ルルド・アッシジ・スペイン巡礼、熊野)

【about me】
福岡県生まれ。大阪教育大学卒。東京でのサラリーマン生活を経て2008年8月アメリカ移住。2008年から始まった私のシャスタ滞在は現在600日を越え、現在はシャスタと日本、世界の聖地巡礼を続けています。

続き⇒プロフィール詳細


【Retreat】
リトリートのご依頼、プライベートガイドを承ります。みなさまの魂の旅をサポートします。

♡2017年聖地リトリートのスケジュール⇒リトリート2017

☆シャスタ
☆ハワイカウアイ島
☆熊野
☆ルルド
☆アッシジ

♡お問い合わせ
こちら




シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら


web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」シャスタのページ、2013年から寄稿。
詳細は⇒写真をクリック
価格1,836円(税込)


リトリート参加者募集

【シャスタリトリート】
7月15日〜21日
満員御礼
ありがとうございます

詳細⇒シャスタリトリート
サンフランシスコ空港集合
レディング空港解散




【カウアイ島リトリート】
8月1日〜8月8日

※詳細はお問い合わせください




【イタリア🇮🇹アッシジ】
9月、または10月予定

※詳細はお問い合わせください





♡ただいま参加募集 ⇒聖地リトリート2017 スケジュール

♡リトリート⇒お問い合わせ


カウアイ島、シャスタ、ルルド、アッシジについては2名以上からプライベイトリトリート(5泊6日~)の開催が可能です。

熊野リトリートについては2泊3日、3泊4日、5泊6日承ります。

ご希望の日程、人数を明記されお問い合わせフォームよりご連絡ください。

行き先、日数、人数により料金が異なります。

詳細はお問い合わせください

リトリート希望のお問い合わせ後、3日たっても返事がない場合はメールが届いてない可能性もあります。その場合は、こちらのメールフォームから再度お問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事&関連記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリー
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです