シャスタ 熊野は山があって、そして海もある! とっておきの場所「須野町」へ

熊野は山があって、そして海もある! とっておきの場所「須野町」へ

キラキラ輝く海に出迎えらた熊野での日々。

海の熊野 2015-09-18 001

こちらは熊野市の鬼ヶ城です。
(詳細はこちらです→http://onigajyo.mie.jp/onigajyo.html
車で通り過ぎる予定が、あまりに美しく、輝く光に導かれ、ちょっと寄り道

心にぐっときたら、気になっちゃうと、どうしても呼ばれるように立ち止まってしまう・・・ 

頭で考えると急いで早く行く!ってなっちゃうけど、その瞬間の気持ちを大切にしたい 人生そんな急ぐことないんですよね~・・・急いでいるのは自分の気持ちだったりするのです。

鬼ヶ城2015-09-18 002

9月連休の熊野リトリート三日間を終え、今回は延泊プラン&プライベートガイドのご依頼を二日間頂いておりましたので、お客様のリクエストをお伺いしながら、インスピレーションでご案内いたしました。

ノープランで始まり、会話しながらふっと浮かんだ聖なる場所へご案内していく!

実はこういう旅の案内人も好きなのかも!! と気付いたのでした

「魂の旅」のお手伝い
「魂の旅」の案内人

直感とひらめきを頼りに、その方にぴったりの場所へご案内する!
今思ったけど、シャスタでも同様なことをしてますね・・・

きらきら輝き、本来の自分らしさを思い出してくださることが私の一番の喜び 

もちろん、グループリトリートもみなさんとのシェア、人数がいるからこそ体験できること、気付きや学びがあります。

どっちって決める必要はないですね。流れで、人数が多い時も有り、少人数も有り、プライベイトもあり~、
そんな感じでやらせて頂けたら嬉しいです

須野町の海 20150922

この日は、熊野リトリートで思う存分神社めぐりをしていましたし、山の方へもご案内してましたので、、、どこへ行こうか?と浮かんだのは海

須野町 2015-09-21 003

熊野市から海岸線をドライブ・・・ローカルな道は途中細くなったり、くねくね曲がっていたり。海を感じ車一台もすれ違わないまま、須野町に到着!

須野町は住民6名のとっても小さな集落!
もちろん、海は私たちの貸切でした

のんびりと、、、岩に腰をおろし静かに。
海がある入江の後ろには、切り立った岩岩

web 2015-09-21 005

自然の中に溶け込み満面の笑みのYさん、
海の方へすーっと歩き出されとっても楽しまれてる様子でした。

自宅に戻られ頂いたメールには・・・「一番好きな場所は、木花堂周辺の海岸です。」と、
とても嬉しかったです。ありがとうございました。

須野町 2015-09-21 009

こんなに小さな集落の須野町に素敵なお店がありますのでご紹介します!

「木花堂(このはなどう)」
熊野の自然・風土を素材、テーマとして生み出された生活雑貨(衣食住)を量り売り過剰包装なしで販売する奥熊野の海沿いの小さなお店です。
http://www.konohanado.net/index.html
〒519-4201 三重県熊野市須野町13
電話:0597-70-4068

熊野の作家さんの小物やアロマ、てぬぐい、また食べ物もあり、私のお気に入りスポットです。

関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: