シャスタ 熊野古道歩き旅 伊勢路 その8 ~伊勢路を歩いたきっかけ~

熊野古道歩き旅 伊勢路 その8 ~伊勢路を歩いたきっかけ~

熊野古道歩き旅 伊勢路 その7 のつづき

伊勢路の旅、もう「その8」になってますね。長いストーリーになってますが、引き続きブログを見て頂きありがとうございます

伊勢路の歩き旅へ出ようと思ったきっかけをここでご紹介します

まず、漠然とですが・・・いつか伊勢路を一日歩きではなく何日か続けて歩いてみたいなぁと前々から思ってはいたのです。特に理由はないのですが、その時が来たら・・・という程度。

2015年5月

奈良県十津川村の果無峠を越え本宮に向う熊野古道(小辺路)を一日歩いた時の事でした。この道は三十三の観音様の石仏がある険しい道ですがとても趣がある私にとってもご縁のある場所。十津川村から一時間歩き、観音様のお社に着いて休憩していた時でした。

一冊のノートが置いてあったのです。
「伊勢神宮から歩き、高野山まで歩いています」 なんと英語で! しかも名前も書いてあって巡礼者はサンフランシスコの男性! サンフランシスコにはご縁がある私。びっくりと共にとても親近感も湧いてきて、「距離は長いけど伊勢神宮から高野山も面白そう。そういうルートもいいな~」・・・いつか、いつか、遠い将来に実現できたら楽しいな~ 自分のハートがぴぴぴと反応して胸の奥深くのドキドキ感は今も忘れられません。

ですが、あのドキドキはすっかり忘れ去られていた2015年8月、

スペイン巡礼仲間と話をしていた時、話題がスペインから熊野古道に飛んでいき・・・伊勢路へ。
スペイン巡礼(カミーノデサンティアゴ)みたいに、熊野古道も道中に巡礼宿ができたらいいね~!三重県全体でひとつの地図があったら便利なのに~宿やレストランやお店など巡礼者に必要な情報が載っていて。そしてもっと気軽に巡礼者向けに格安で泊まれる宿があったらいいのにね~と楽しく話していたんです。(ちなみにスペインの巡礼宿はユースホステルのような形態でだいたい10ユーロから)

そっか~、本当にそうなったらいいな実現したらいいな
日本人はもちろん、海外からももっと熊野へ巡礼旅に来やすくなるのでは

と思うところまでは普通なのですが・・・
なにか私にもできることないかな~・・・お役にたてないかな~

そうだ まず、伊勢路を自分で歩いて確かめてみよう!

どうしてこういう展開になるのか、自分でもわからないけど。頭で考えたら、時間もお金もかかるし、体力も必要です。そんなの無理無理ってなりそうだけど。自分のハートからでてきたことは・・・嘘がつけない。見過ごすことが出来ないのです

熊野詣をして、生まれ変わり!新しい自分を見つけるために・・・というようなきっけかかなと思われていたかもしれないけど、お導き。流れなんです。三つ目の話がなかったら、歩いてなかったかも。

一旦、「行こう!」って決めたら、やはりそうなっていきます。。。不思議だけど

なんでもそうですが、自分で決めると進みだします。
シャスタも同じ、「シャスタに行く」って決めるとベストタイミングで導かれます。

その時に、自分の中で、こうしたい!あれしたい!って閃いた事、直感を打ち消してしまっていることはありませんか?
行けない理由を作っているのは自分だったりするのです。

ピッとアンテナが立ったら、その時の気持ちを大切に!
ハートからの声は止められないですから




では、本題へ

いよいよDAY5 残り2日 
三木峠~羽根後峠~飛鳥神社~曽根次郎坂太郎坂~甫母峠~二木島

難所の八鬼山が無事に越えられたので安心しきって臨んだ5日目。

web 2015-12-14 (1)

ところが・・・!!!
歩き出して気付いたのですが、、、ここも難所

道沿いに行き倒れの巡礼供養碑あり、八鬼山を越えた後に疲れて巡礼者は・・・とこんな感じで

web 2015-12-14 (3)

正直に言って、DAY5が一番しんどかったかも・・・
連日の上り坂と石畳の階段で足はパンパン

web 2015-12-14 (26)

でも歩きましたよ!
6日目のゴールの花の窟神社&産田神社を目指して

web 2015-12-14 (18)

web 2015-12-14 (19)

web 2015-12-14 (37)

web 2015-12-14 (45)

web 2015-12-14 (48)

7:45と早めの出発で、歩けるところまで歩いて、最終日は余裕でゴールと思っていたのですが、石段の連続で・・・・とほほほ

もう長い距離を歩くのは無理だから、予定通り二木島まで。
二木島からJRに乗りたいな~とスマホで時刻を検索したら、熊野市方面の電車が来るのは二時間後。

はぁ~あ~、、、どうしよう。。。

JRの駅に向かう道は急な下り坂・・・転んだら大変って思うくらい急でした。

階段からふっと顔を上げてみると・・・バス!?

見た瞬間、反射的に、疲れているはずなのに、バスに向って走り出しました。

バスに着いて飛び乗ったら、中には誰もいない。出発までまだ時間があるのかな~と思った瞬間、女性の運転手さんが、「出発します!」

おお~ぐっとタイミング!
あとでわかったことですがこのローカルバスはこの14時半が最終。一日に3本しかない貴重なバスでした


最終回へ続く
関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
シャスタガイドブック出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール

【Retreat】
♡聖地リトリート参加募集…スケジュール2017

♡お問い合わせ
こちら



リトリート参加者募集

【カウアイ島リトリート】
参加者募集中
8月3日〜8月9日 カウアイ島リトリート

【イタリア・アッシジ】
9月 or 10月予定

※詳細はお問い合わせください

カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: