シャスタ すべてに後悔はいらない。すべて予定どおり

すべてに後悔はいらない。すべて予定どおり

サンフランシスコに来て、アメリカンマザーとホストファミリーに会ったり、友人に会ったり、本当に久しぶりにサンフランシスコベイエリアでゆったりのんびり過ごしています。



実は3/3からのシャスタツアーが催行できずアメリカに行く時期をいつにしようかと思っていたのですが、当初の予定通りの日程の格安航空券が見つかり、なんだかスルスルとサンフランシスコに来ちゃいました。旅の最初と最後だけがバッチリ予定が決まっているとても面白い流れになっています。

到着してから自分の気持ちのままに行動してます。ノープランってやつです。こういうのいいです(^^)
とってもリラックスできて楽しいです(^^)

自分の気持ちがGO!ワクワクする時とモヤっとなる時、どっちでもいいとなる時があります。わかりやすい。そのまんま自分の気持ちに正直に行動してます。幸い時差ぼけ中なので朝早くから目が覚め爽やかな1日を迎えられています。

すべてうまくいっている。

シャスタもhome。そしてここサンフランシスコベイエリアもhome。

今回はサンフランシスコのファミリーにもゆっくり会ってゆっくり話す時間もあって、本当によかったなぁと思ってます。

最近はシャスタに行くためにサンフランシスコを通過という感じだったように今思う。

会う人に「シャスタはいつから行くの?」

「いつまでアメリカにいるの?」

と開口一番に聞かれます。それだけ、みほ=シャスタと思われていて、シャスタ大好きでシャスタに通い詰めてるってみんなにも思われているんでしょうね。事実そうです(^^)

場所も大事だけど、人が大事。だから、サンフランシスコにも来るしシャスタも行きます。




アメリカのマザーの家はもうすぐイースターなのでウサギのデコレーション(^o^)



そして、今気付いたのだけど、エンジェルがいたんですよ。何度も来てるし住んでいたのに、今まで全く気づいてなかった。エンジェルに自分がフォーカスしてなかったということですね。それだけバタバタ忙しくしていたのでしょう。自分の意識が変わると見えるもの、見え方も変わるのでしょうね。



今のこの時間は私にとって必要なのだろうし、そうなるようになっていた。いつもスケジュールを詰めて急ぐことないですよね。

すべて無駄なし。予定通りなのだと思います。



今のこの静かで穏やかな時間を大切にします。ありがとうございます。

サンフランシスコより愛をこめて




~~~~~~~~~~~~~~~
【シャスタブック発売中】
☆シャスタの愛がいっぱい詰まった「シャスタハンドブック」好評発売中

【シャスタルアウ参加者募集中】
☆シャスタルアウin福岡 4月9日

【シャスタツアー 参加者募集中】
~変容と生まれ変わりのシャスタリトリート~
☆春分の日リトリート→シャスタリトリート2016年3月18日
☆シャスタリトリート→シャスタリトリート2016年3月25日


【熊野リトリート 参加者募集中】
2016年ゴールデンウィーク 
海と山の熊野の自然で癒されて神聖な氣を感じるツアーです。玉置神社も参拝します!
癒しと再生の旅 in 熊野 4月29日~5月1日 2泊3日






関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: