Welcome to my blog

シャスタ 

Article page

ルルド大聖堂が朝日を浴びる時 (ルルドリトリート 2)

フランスルルドはピレネー山脈の麓に位置しています。
訪れた9月後半、朝晩は少し冷え込み薄手のダウンジャケットが必要な気候。

朝、ホテルから一歩外に出ると冷たい空気に包まれる。少し肌寒いけど、澄んだ空気が気持ち良くて、足早にルルド大聖堂に向かう。

ルルド 201609261 5

太陽が昇る少し前。
オレンジ色の光が大聖堂を照らしています

神々しくて、
さらにルルド大聖堂は金色に輝いていました

ルルド 201609261

日中のルルド大聖堂こちらをご覧ください→ルルド大聖堂

やはり、朝は特別な時間です。
どこの聖地、どこでもそうですが、朝はとびっきり澄んだ空気に包まれ、神聖な気を感じることができます。

この日は、たまたま晴れて光がルルド大聖堂を照らしていました。
ルルド最終日、私達を祝福してくれているかのようでした。

ルルド 201609261 2

ルルド 201609261 3

ルルド 201609261 4

ルルド 201609261 5

朝早いのですが、すでにたくさんの人々が祈っていました。

ルルド大聖堂の横のポー川が気になっていて、朝に散歩したい!と思っていたので向かってみると、、、

ルルド 201609268

とっても気持ちいいんです。

水の流れはとても早い。長い年月をかけて、ピレネー山脈から流れ出てきているお水なのでしょうね。

今までは気づかなかったのですが、3度目にして、ポー川の素晴らしさを感じています。
次に訪れる時もポー川からルルド大聖堂を臨みたいです。


20161013071439ace.jpg


今日も素晴らしい一日を!
愛と平和の祈りをこめて

LOVE & PEACE
みほ
関連記事

Category - フランス・ルルド