シャスタ カウアイ島への出発はいつ? それは。。。流れに乗って、流れにそって~。ゆっくりと

カウアイ島への出発はいつ? それは。。。流れに乗って、流れにそって~。ゆっくりと

こんにちは♪
お元気ですか~? (^-^)/

2月はなんだか忙しく、物事がどんどん加速していき、あっという間だったという方も多いのではないでしょうか。私もそうでした。
3月に入り、ちょっと一息( ^ω^ )

web kauai 20160609 P6196595


変化もあって、加速していき、早すぎでついていけない~と思っていたけれど、今になって思うのは、物事は収まるところに収まっていくのだな~と 


決められないことは、無理に決めなくいい!

決められない時はあります。タイミングじゃないんですよね。きっと。

頭でどうのこうの、、、一生懸命考えても、、、う~~~んとなる時は待つのが一番♪

・・・・そして、ベストタイミングがやってくる♪


web kauai 20160609 P6196622


わからないことは、そのままにしておくのがいいです。

ばたばた焦って、あーでもない、こーでもないとしなくていいんですよね。

時期が来れば、自然に調整され、あ~こういうことなんだな~と、
パズルのピースがひとつひとつ、ぴったりの場所へおさまっていく感じ。

動き出したら早いから(^∇^)


実は私のカウアイ島への出発日♪
飛行機を予約したのはつい最近、超ぎりぎり(^_^) カウアイ島リトリートは3/15からなので、前のりするのはもちろんだけど、、、いつから行く? なかなか決められずにいました。

実は3月13日にケアリーレイシェル(オアフで偶然会って、サインまで頂いた大ファンの)コンサートが、なんと福岡である事に気付き、、、コンサートに行きたい!と思っていたりして、12月から・・・沈黙を守っていました。

リトリートも15日と少し前倒しになり、それで、結局はおさまるところにぴたっとおさまりました。
コンサートチケット買ってなくてよかった~~(´∀`*)
迷ったら無理に進まず、待つ!に限ります


動かず待っていたら、、、、自分があの時に想像できないような事が起こり始めるかもしれないのです。
何事もタイミングが大事です♪


私達が考え付く事って、経験や常識からでしかないですからね。スケールが限られます。

流れに任せ、委ねるのが、、、最適な、より嬉しい事、自分が望んでいることに繋がっていくのすよね♪

未来は無限!
無限大です。

そう思うと、どんどん楽しくなってきますね♪

今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。

嬉しい3月
楽しい3月

愛溢れる3月でありますように

私も愛の慈愛のフィールドの中で、漂って過ごします~





**********************************


★シャスタのガイドブックのお申し込み⇒シャスタハンドブック

2017年の聖地リトリート予定

★ゴールデンウィークは熊野リトリート。今回は健脚向きです
4/29-5/2 熊野リトリート
・4/30 熊野那智山神秘ウォーク

★7月15日から夏のシャスタリトリート

★次のカウアイ島リトリートは7月です♪


リンクをご覧ください。
詳細はお気軽にお問い合わせください。
お会いできるのを楽しみにしています。












関連記事
プロフィール

Miho

Author:Miho
中山みほ
ブログを引越しました。
新しいブログはhttps://miho58.com

シャスタガイドブック
出版発売

【about me】
福岡県生まれ。
続きは…プロフィール


【ソウルジャーニーアドバイザー】
魂の旅
聖地への旅

の電話サポートを受付中。

お問い合わせは・・・こちら



カテゴリー
シャスタガイドブック
★シャスタのガイドブック
自費出版! 2011年から発売中
最新版お申込み⇒→こちら

詳細は、写真をクリック
↓↓↓↓↓
web shasta book 2016
価格1,000円(税込)

★地球の歩き方
「サンフランシスコとシリコンバレー」
2013年から寄稿。
購入は、写真をクリック
↓↓↓↓↓

価格1,836円(税込)


最新記事&関連記事
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
Tree-Arcive
お勧めの本
シャスタが載ってます!


スペイン巡礼に興味があるならますこの1冊を!


熊野へ行くならおすすめ!







今はまっている本です






好きな本






般若心経はやはり好きです


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: